オクトバーフェストに欠かせない定番「レープクーヘン」を作ろう

写真拡大

ドイツの秋といえば「オクトバーフェスト」。2010年には200周年を迎えたというこのイベントは、今年は9月17日からすでに開催。本場ミュンヘンでは2週間という短い間にも関わらず、毎年およそ600万人以上が足を運ぶと言われています。
世界中で「プロースト! 」
日本やカナダ、アメリカやイギリスなど、世界各地でオクトバーフェストが開催されるようになった現在。オクトバーフェストといえばビールのおいしさはもちろん、肉や魚などの「おつまみ」も楽しみのひとつ。美しいディアンドルと呼ばれる民族衣装を着た女性たちには数多くの出会いの場としても人気のようです。
お手製のレープクーヘン
屋台で良く見かけるのが「レープクーヘン」と言われるクッキーのようなもの。大きさはちいさいものから大きなものまでバラエティに富んでいるのですが、このレープクーヘンに「好き」や「ママが世界で一番最高」などのメッセージがアイシングしてあるのが特徴です。

Nina Wiemerさん(@nina_wiemer)が投稿した写真 - 2016 9月 26 11:26午後 PDT

こんな風にメッセージを添えて、プレゼント

Sam Adam's Octoberfestさん(@thisisoctoberfest)が投稿した写真 - 2016 9月 26 9:57午前 PDT

首からネックレスのようにかけ、練り歩くのが伝統

Sam Adam's Octoberfestさん(@thisisoctoberfest)が投稿した写真 - 2015 10月 3 5:04午後 PDT

「オクトバーフェストが大好きだー! 」
通常はこのようにラップしてあるものを購入。もちろん食べられるのですが、記念としてこのまま部屋にデコレーションとして飾っておく人が多いです。またオクトバーフェストのお土産としてプレゼントにすることも。よく知られている、いちばん簡単なレープクーヘンのレシピを紹介します。
かわいくデコレーションするレープクーヘンレシピ

〈材料〉
バター 200g
はちみつ 550g
砂糖 250g
ココア 30g
小麦粉 1,200g
ベーキングパウダー・塩 少々
卵 2個
レープクーヘン用香辛料※ 適量

〈作り方〉
1.小鍋にバターを溶かす。溶けたらココア・砂糖・レープクーヘン用の香辛料・はちみつを加え、なめらかになったら火からおろし、粗熱をとる
2.別のボールにふるいにかけた小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ、塩・卵を入れる。先ほどのはちみつバターを加え、良く混ぜる
3.まとめたらアルミホイルに包み、一日暗いところで(室温)寝かせる
4.次の日に生地をハート形にのばして、200度で15分ほどオーブンで焼く
この上にアイシングでデコレーションして、乾燥させたらできあがりです。

また近年ドイツ人に人気なのが恋人の名前、あるいは結婚記念日などに合わせたオリジナル・レープクーヘンを注文できるサイトが人気。「世界で一つだけ」にこころがときめくのは、世界中どこへ行ってもやはり同じなのですね。
※レープクーヘン用香辛料:シナモンパウダー、クローブパウダー、オールスパイスパウダー、メースパウダー、ナツメグパウダー、カルダモンパウダーなどお好みのものを
[Martl's Herzlmalerei]
photo by Thinkstock/Getty Images
あわせて読みたい
・顔のタイプでシミのリスクに15歳も差があった!?(Sponsored)
・栄養満点でグルテンフリー。ニース生まれの「ソッカ」
・秋の夜長に甘くとろけるお酒を。自家製チョコリカーの作り方

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。