ハリルホジッチ監督、大迫に関するコメント全文。長澤や細貝、宮市、加藤についても

写真拡大

10月に行われるワールドカップ予選に向け、26名の日本代表メンバーを発表したヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

Qolyでは先ほど、その記者会見の全文記事をお届けした。

今回の記者会見でハリルホジッチ監督は多くを語らず、選手個々の評価やメンバー選考については質疑応答で答えると繰り返し強調していた。

日本代表の中心でもある海外組の多くが所属クラブで先発の機会を失っており、今回のメンバー選考に関してはハリルホジッチ監督もかなり悩んだようだ。そのため、理由や意図については聞かれたことに対して全て答えたいという結論に至ったようだ。

その結果、質疑応答はなんと1時間以上にも及んだのだが、その冒頭で招集が注目されていた大迫勇也についての質問があった。

この中でハリルホジッチ監督は大迫を呼ばなかった理由を明かし、また他にも数人の選手について名前を挙げて説明していた。その返答が興味深かったので、今回はその質疑応答部分を文字起こしする。

※できる限り口語のまま掲載

―『海外と国内のサッカーで差がある』と仰ってましたが、その海外で試合に出ている選手。例えばブンデスリーガで試合に出ている選手がいて、ブンデスリーガの2部も強さという意味ではJリーグよりも上な部分があるかもしれませんが、そこでレギュラーで出ている選手がいる。そういう選手たちを今回入れずに、今ベンチだったりベンチ外だったりする選手を残した理由をもう少し教えてください。

ハリルホジッチ「具体的にどの選手か教えてください」

―例えば大迫や細貝…(マイクを通していなかったため聞き取れず)

ハリルホジッチ「まず大迫ですけども、ここ3試合はようやく先発を勝ち取ったという感じですね。そして2得点を取りました。2得点見られましたか?

大迫はもちろん分析していますけども、やはり数ヵ月先発に出られない時代があって、ケルンのグループにも入っていなかった。

そしてさらに、出た時は中盤のあたりで出ていたんです。そして今ようやく第2アタッカーとしてのポジションを確立している。

前年彼ともよくディスカッションしたんですけども、A代表の時はフォワードとしてプレーしてくれ、と。そしてようやくですね、だいたいのプレーを見ると、16mにより近付づけるようになってきてるかなと思います。

2得点しましたよね。1年経ってようやく2点を取ったわけです。

もちろん大迫はずっと追跡しています。このように続けてほしいなと思っています。

海外には15日前にリストを送っているわけですね。リストを送った後に、大迫は得点を取りました。

そして、彼のパフォーマンスをずっとずっと続けてほしいなと思っています。クオリティも見ていますし、得点も取って良いプレーですよね。このように続けてもらえば、この他の競争に入れると思います。

ただ、リストにはまだまだ入っていません。

長澤(ジェフ・ユナイテッド千葉の長澤和輝)という選手も私から挙げさせてもらいます。この選手もおもしろい選手です。

浅野や岡崎、武藤とはまた違うフィジカルを持った選手で。この代表に関しては選手間のチョイスですよね。1点、2点取ったから呼べるわけではないです。A代表にすぐ呼べるっていうわけではないです。

武藤も2得点、岡崎も2得点、浅野も同じですよね。

私が選択しているわけですけども、大迫は興味深い選手です。このように得点を取り続けてくれれば、フィジカル的にもおもしろい選手になると思います。

ただですね、セカンドアタッカーとしてのプレーになるかなと思います。我々はですね、引きつける役としてフォワードをワンポイント置いています。ただ、彼はそこもできるかもしれません。

この2試合ももちろん見ました。他の候補の選手ももちろん見てます。彼だけじゃないですよね。

この試合に関しては岡崎、浅野、武藤にチャンスを与えるわけですけども。しかし大迫は今のようにずっと続ければ入るチャンスはかなりあると思います。

細貝(シュトゥットガルトの細貝萌)に関してですけども、私が呼んだ中盤の選手と比較してパフォーマンスが上かなという感じはしないですね。

私のアシスタントコーチがドイツから昨日帰ってきたんですけども、我々が追跡している選手とディスカッションをして、それから調べてくれて、宮市(ザンクト・パウリの宮市亮)も見てきました。

皆さんが名前を挙げていないブルガリアの加藤選手(PFCベロエ・スタラ・ザゴラの加藤恒平)も見てきました。今度また見に行ってもらいます。

ただ、1試合見たからと言ってすぐに呼べるわけじゃないというのが代表ですね。

永木に関しては随分長い間見ていますし、かなり良い存在感を出しています。

全てオープンな状態で私はチョイスしていますから、大迫にはずっと続けてくれと言いたいです。

A代表でプレーしたければ何をしなければいけないかっていうのは、大迫は分かっているはずです。岡崎よりも大迫が良ければ、岡崎を呼ばずに大迫を呼ぶ可能性もあります。

岡崎は100試合以上A代表で出ているとしても、そこは関係ありません。それは皆さんに公言できます。

全選手に対するメッセージでもあります」