ヘアゴムはリボンで決まり!アクセサリーを手作りしてみよう

写真拡大

女性ならではのファッションの楽しみ方のひとつといえば、髪型のアレンジ。ポニーテールにしたり編み込みをしたり、ヘアゴムを使う機会は多いですよね。今回は子供から大人まで素敵だと感じる、リボンのヘアゴムの作り方を紹介します。



元の記事を見る

身近なもので作れちゃう!ヘアゴムはやっぱりリボン型

■ マスキングテープでいろんな柄のリボンを作ろう

【材料】
・マスキングテープ:40〜60cm
・髪ゴム:お好みの長さ

マスキングテープの装着面を重ねたら蝶結びをしてリボンを作り、結び目にゴムを通せばできあがり!マスキングテープだとリボン自体の重さが軽く、つけ心地もよくなりますね。様々な種類から好みの柄のテープを見つけて手作りしてみてはいかがでしょうか。

■ プクプクふっくらなリボンは小さな女の子の人気者

好きな模様の布を使って、プクっと立体感のあるリボンを作るアイデアです。布の真ん中にギャザーを入れているので、ふわっとした見た目になります。綿を入れて膨らますことで、リボンのかわいらしさが更にUPしますよね。

■ 秋や冬に最適!毛糸のリボンを結ぼう

【材料】
・布:15cm×6cm
・綿:適量
・毛糸:1m
・パールビーズ、モチーフなど:お好みで

寒くなるとニットやセーターが欠かせなくなりますが、ヘアゴムにも毛糸を使って季節を表現しているアイデアです。リボンの中央部分に巻く毛糸はゴムを取り付ける役目を果たしています。ビーズや花のアップリケを付けると華やかになりますよね。

■ 縫うのも付けるのも簡単!フェルトで作るリボンゴム

【材料】
・フェルト:5×15cm
・布:2×7.5cm
・接着芯(お好みで):1×6.5cm
・モチーフ、パールビーズなど:お好みで
・ヘアゴム、ヘアピン:お好みで

フェルトで簡単にリボンを作りたいならこのアイデアです。リボンの中心部にギャザーを入れると立体感がでてきますね。中央部分は布を使っているので、フェルトとは違う質感が楽しめます。ギャザーの縫い目も布で隠してあるのでキレイに仕上がります。

■ ひと結びするだけで作れるリボンヘアゴム

【材料】
・生地2種類6cm×23cm
・輪になったヘアゴム(100均)1個
・生地が薄い場合は接着芯6cm×23cm

長方形に布をカットしたら、裏地を縫って結ぶだけで完成してしまうリボンです。結ぶことでリボン部分が屈折するので、リボンの折り目も自然とできます。アクセサリーショップで販売されているようなヘアゴムが家庭でも簡単に仕上がりそうですよね。

■ オシャレ度が高い花柄リバティ生地のリボンのヘアゴム

イギリスの上品な生地、リバティ生地を使ったヘアゴムです。厚めの接着芯地をアイロン付けしているので、丈夫に仕上がります。花の模様とリボンの型は、かわいいと思わずにはいられませんよね。

■ お揃いヘアゴムで娘と一緒にリボンっ子に!

【材料】
・はぎれ(23×8cm):2枚
・はぎれ(25×5cm):2枚
・ヘアゴム:2個
・丸カン:1個
・チャーム:2個

ママのリボンも子供のリボンも生地はボーダーで統一しています。リボンの型はママ用はひと結びを活用したもの、子供用はギャザー付きのものです。星のチャームを同じように付けて親子でペアルックを楽しみたいですね。

■ 100均のなわとびで作る爽やかなリボン

【材料】
・なわとび(セリア):1本
・リボン:適当
・ラインストーンなど:適当
・ワイヤー:適当
・ヘアゴム:1本

なわとびがリボンに変身してしまう驚きのアイデアです。なわとびをカットしたらワイヤーで固定し、ギフト用のリボンで真ん中をコーティングすると、ヘアゴム用リボンができます。ビーズを散りばめると豪華になります。なわとびは透明のものを使うと、涼しさが感じられますね。

■ 小さな宝物をいっぱい詰めて作るチュールリボン

【材料】
・チュール:直径20cmの円
・ポンポンやビーズ
・リボン

小さなリボンやポンポンやアップリケが入っている、夢溢れるヘアゴムリボンです。チュール生地でリボンを形づくり、お気に入りの小物を入れていきます。メルヘンチックなリボンを作れるのは、チュール生地ならではの特性かもしれませんね。

■ 水切りネットでアクセサリー作りをしてみよう!

【材料】
・水切りネット:1枚
・布(2cm×5cm):1枚
・ボタンなどの飾り:お好みで
・ヘアゴム:1個

水切りネットはキッチンの三角コーナーでしか使用用途がないと思っていませんか?実はこんなに素敵なリボンが水切りネットを使って作れてしまいます。キッチン用品に注目した主婦の知恵アイデアですよね。

■ 立体的な仕上がりが可能?プラバンリボンを手作りする

【材料】
・プラバン:必要量
・油性のマジック:好きな色
・ワイヤーか糸:適量

プラバンでリボンのパーツを1つずつ焼き上げて形づくりをしているヘアゴムです。プラバンは模様や色を自分の好みで描ける利点があるので、世界で1つだけのアクセサリーができあがるのではないでしょうか。飴細工のような透明感が美しいリボンですよね。

■ こんなものでキュートなリボン!ビニールにも出番がある

【材料】
・ビニール(ホームセンター、手芸店)
・レーステープ(ダイソー)
・ビーズ(ダイソー)
・髪ゴム(ダイソー)
・両面テープ

テーブルクロスで使用するビニールはリボンとしても活躍できます。カットしたビニールを2枚用意したら、中にビーズを入れてリボンの形づくりをします。ビーズが飛び出さないように両面テープで塞ぎますが、テープ部分は100均のレースで覆ってしまえば目立ちません。

生地にはバンダナを使って流行りのリボンにしよう

■ リバーシブルで凝ったヘアゴムにする

【材料】
・好きな布
・ヘアゴム

結んで作るスタイルのリボンは、バンダナと他の種類の布で合わせ縫いをしています。リボンは結び方によって結び目の色が変わるので、バンダナ生地と合わせ布のどちらを表にもってくるかで雰囲気が変わりますよね。

すでに形になっているものをヘアゴムにアレンジ

■ シックな黒色リボンは蝶ネクタイで!

なかなか使う機会がない蝶ネクタイも、アレンジすればヘアゴムに生まれ変わります。蝶ネクタイの紐にゴムを通して、髪にクルリと巻きつけたら紐の先にあるホックで留めます。黒いリボンが大人っぽさを感じさせてくれますよね。

可愛らしいヘアゴムリボンのアイデア、いかがでしたか?オシャレなヘアスタイルに欠かせないリボンを家庭で手作りできるのは魅力的ですよね。子供と一緒にハンドメイドを楽しむのもよいですし、オリジナルのアクセサリーとしてお友達にプレゼントしても喜ばれるのではないでしょうか。お気に入りのヘアゴムのアレンジ方法を探して、是非試してみてください!