黒船から方舟へ──9/29の「Spotify」日本ローンチは福音か?

写真拡大

2016年9月29日は日本の音楽業界における転換点になるのだろうか。60カ国で展開し、1億以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサーヴィス「Spotify」が日本でもついにローンチ。200名を超える記者、無数のカメラに囲まれながら、ボードメンバーが記者会見で繰り返し語ったのは「音楽体験の革命」と「日本のアーティストを世界へ紹介する」ミッションだった。

「黒船から方舟へ──9/29の「Spotify」日本ローンチは福音か?」の写真・リンク付きの記事はこちら

おそらく2009年から日本上陸の準備が進められていた「Spotify」。12年頃には、何度も「ついにリリース」との噂も聞こえていた。一方で、音楽配信のサブスクリプションサーヴィスはKDDIの「KKBOX」、「レコチョクBest」、サイバーエージェントの「AWA」、「LINE MUSIC」、さらにはアップル、グーグル、アマゾンと国内外の企業が参画し、音楽をめぐる体験とビジネスは大きな転換期を迎えている。

まさにその最中での日本版ローンチとなったわけだが、9月29日に開催された記者会見で、Spotify JAPANのハネス・グレーは次のように言い切った。

「Spotifyはテクノロジー企業ではありません。わたしたちはテクノロジーを活用する音楽企業です」

「音楽ファンがつくる、音楽ファンのためのサーヴィス」を標榜する彼らにとって、前者と後者との違いは大きいものなのだろう。エンジニアリング主導で音楽をコントロールする立場からではなく、あくまでコアにある音楽をいかにユーザーへ届け、アーティストに(目に見えるかたちで)還元するかを考え続けてきたという。

Spotifyはカルチャーとビジネスに変化をもたらした

Spotifyにはいくつかの特徴がある。そのひとつがプレイリストだ。4,000万以上の楽曲、20億を超えるプレイリストがSpotifyにはストックされ、友人とシェアもできる。ミックステープを渡し合うカルチャーを現代風に更新したともいえる。音楽を通じて惹かれ合い、遠く海を超えて愛を育んだ男女のストーリーも、さらに生まれるかもしれない。Spotifyは日本向けにもプレイリストをつくるべく、多くのキュレーターを抱えて準備したという。

さらに、数々の機能がユーザーと音楽とを結びつけてきた。エクササイズやヴィデオゲームを楽しむのに最適なプレイリストのレコメンド、毎週金曜日にパーソナライズされた2時間のセッションを自動作成する「Discover Weekly」、毎週月曜日に好まれそうな新曲を知らせる「Release Rader」、さらには再生中に歌詞を表示する機能も用意した。

その成果もあったのだろう、Spotifyは現在までにアーティストやレーべルに対し、累計で50億ドルの還元を行ってきたという。例えば、CDの売り上げが過半数を占めることから「日本に似ている」といわれるドイツでは、2012年のローンチを経て、減少傾向にあった音楽業界のセールスを4年連続で底上げしてきた。いまやSpotifyはドイツのレコードレーベルの収入のうち10パーセントを生み出すまでになった。

そして、その理由には、ミルキー・チャンスラムシュタインといったドイツで活動するアーティストがSpotifyを通じて世界へ音楽を届け、売り上げを伸ばしたのも大きいという。これはつまり、ローカルでの評価がダイレクトに世界の市場へ反映されたということだ。

Spotify JAPANでライセンシングやレーベルとの橋渡しを担う野本晶は「新しいアーティストの発見の場を提供」し、「日本のアーティストと1億人のユーザーを結びつける役割を」担い、「音楽業界の成長に貢献できるような存在に」なりたいと宣言した。これは、ドイツで起きたことを日本でも起こしたいという意思表明にも聞こえる。

「Apple Music」しかり、あるいは同様のストリーミング/サブスクリプションモデルの動画配信サーヴィスの「Hulu」しかり、これまで海外からサーヴィスが上陸する度に“黒船”という言葉があてられてきた。Spotifyは会見中に何度も「日本から世界へ発信する」と述べたが、その言葉が真なるものになれば、日本発の音楽を世界に届け、アーティストを救う方舟になるのかもしれない。

Sporifyでは広告表示と機能制限付きの「Free」と、月々980円の「Premium」の2プランが用意されており、現在は招待コードが順次発行されるエントリー制をとっている。本格的なサービス開始は11月を予定している。

160929spotify_launch_1

会見場には、メタリカのラーズ・ウルリッヒはじめ、数々のアーティストからヴィデオメッセージが届けられた。

RELATED