誰でもキレイに撮れる!映像の傾きを知らせてくれるビデオカメラ

写真拡大

秋は、子どもの運動会や文化祭など動画を撮影する機会が増えますよね。撮影係を任され、うまく撮らなきゃとプレッシャーを感じていても大丈夫! すっかりお馴染みになった手ブレ補正はもちろん、映像の「傾き」をお知らせ・補正してくれるビデオカメラ、パナソニック「HC-V480MS」(実勢価格:4万6700円前後)が登場しました。これなら三脚が使えないとき、混雑した中での撮影もバッチリです。

[関連記事]後から手ブレ、追っかけ補正できる4Kムービーが便利すぎ!

 

■大画面で再生したとき気になるポイントは絵の水平さ!

 

パナソニックから新しく登場したビデオカメラは補正機能にこだわり、運動会など手持ちが多い撮影シーンを強力サポートしてくれるモデル。

サポート機能の一つが「傾き補正」。混雑した人混みで撮影するために、カメラを持った腕を高く上げて撮影する際、液晶パネルで水平を確認できないことがありますよね。そんな時に自動で画の傾きを検知し、補正してくれるんです。標準・強の2種類の補正調整ができるので、動きが多いシーンでは強、舞台撮影では標準、と使い分けもできます。水平がピシッと決まると再生したときの見やすさがぐっとアップし、編集もしやすくなりますから、実に嬉しい機能です!

sub1

また、手ブレ補正はさらに進化。「5軸ハイブリッド手ブレ補正」は回転軸・左右・上下・縦回転・水平回転の5軸方向の手ブレを自動補正。手ブレが起きやすい高倍率ズーム時・暗い場所・歩行時などでしっかりと補正してくれます。

撮影機能もハイスペック。光学50倍/iA90倍の高倍率ズームなので、遠く離れた被写体もしっかりキャッチ。ハイズームでも鮮明かつきめ細かく写せます。暗いところでもしっかり撮れる「高感度MOSセンサー」、近くで撮影しても広い範囲を写せる広角レンズも搭載し、狭くて暗い体育館などでも撮影しやすくなっています。

重さは約213g。バッテリーを装着しても約256g! 持ち運びやすいのはもちろん、長時間の撮影も疲れにくくなりますね。32GB、16GBの2タイプが発売されます。

■デジタルハイビジョンビデオカメラ「HC-V480MS」
・色:ブラック、ホワイト
・内蔵メモリー:32GB

パナソニック デジタルビデオカメラ >> http://panasonic.jp/dvc/

 

[関連記事]
後から手ブレ、追っかけ補正できる4Kムービーが便利すぎ!

【試してみた】Facebookでも楽しめる360°カメラの選び方

いつも持ち歩ける手のひらサイズのタイムラプス専用カメラ

(文/&GP編集部)