放置しないで!「腰まわりの贅肉」を撃退するエクササイズ

写真拡大 (全5枚)

ウエストまわりが太ったかも……と感じるときは、お腹ばかりでなく腰まわりにもいつの間にか贅肉がついてしまっています。女性らしいくびれを取り戻すには、お腹周りよりも腰周りの贅肉を重点的にシェイプしていくことが大切になります。

そこで今回はヨガインストラクターの著者が、腰まわりの贅肉を撃退してくびれを取り戻すエクササイズをご紹介します。

■くびれがなくなる原因の一つは、骨盤の歪み

骨盤が歪むと左右のくびれの位置がずれてしまいます。そのせいで下半身の血流が悪くなったりむくみやすくなって腰回りから足にかけての下半身が痩せにくくなってしまいます。

骨盤の歪みは1日の終わりにリセットしておくことが大切です。腰回りを伸ばしたりストレッチしたりして、体が固まらないようにしましょう。

■全身をほぐす歪みとりケア

歪みは骨が歪むわけではなく、周りの筋肉が固まったり引っ張られていたり、縮んでしまったりしている状態です。よって筋肉を緩ませる動きを1日の終わりに取り入れるのがいいでしょう。

(1)仰向けに寝ます。足は腰幅、両手は楽な位置に下げておきましょう。

(2)全身の力を抜いて脱力します。腰回りからお尻を大きく左右にゆすりながら、その揺れを足の付け根、足全体、背骨、肩、首へと繋げていきましょう。

(3)新体操選手のリボンのような動きをイメージするとよいでしょう。

(4)揺らしながら体を脱力させていきます。

■ウエストラインを引き締めて、くびれをつくる

くびれを取り戻すためには、ウエストラインを鍛えるのも効果的です。

(1)横向きになって上体だけを起こしておきます。

IMG_0065-20160925214102

(2)片方の足の膝を立てて(写真では右足)、伸ばした足の前に置き、体を支えましょう。

(3)左腕は、肩を下げて肩甲骨で腕を支えるようにします。

(4)背中、お尻、足の背中側のラインが真っ直ぐになるようにして、体が曲がらないように注意しましょう。

(5)息を吐くタイミングで体を腕と肩甲骨で支えながら、お尻と足を持ち上げます。

IMG_0064-20160925214413

(6)両足をクロスにして、胴体と足のラインが真っ直ぐになるように意識しましょう。腰が下がると効き目がなくなってしまいます。

(7)5呼吸そのままでキープしましょう。

(8)一度胴体を下ろして一息ついたら、あと3セット行いましょう。

いかがでしたか? くびれを取り戻すには、歪みケアとウエスト周りのエクササイズをセットで行うことが効果的です。このポーズは背中のラインや二の腕もスッキリさせてくれますので、ぜひ試してみてくださいね!

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ ruigsantos / shutterstock