アクリル、綿、ナイロンなど4種類の素材が組み合わさった衣類。洗剤選びはいちばん弱い素材に合わせて

写真拡大

この夏大流行した、アクリル×綿など異素材MIXの衣類。来シーズンもいい状態で着られるように「しまい洗い」するには、洗剤選びと干し方がポイントです。

【写真を見る】レースなど傷めたくない弱い素材を内側にして畳み、洗濯ネットにぴっちり入れる

■ 異素材の組み合わせの衣類のしまい洗い

1.絵表示を確認後、衣類に合う洗剤を選ぶ

絵表示はいちばん弱い素材に合わせているので、必ず確認し、洗剤を選びましょう。デリケートな素材にはおしゃ着用洗剤がおすすめ。衿ぐりやわきなど汚れが気になる所は必ず前処理を。

2.弱い素材を内側にして畳み、ネットに入れる

レースなど傷めたくない部分が内側になるように二つ折りにし、サイズの合った洗濯ネットにぴっちり入れます。おしゃれ着用洗剤を使って、洗濯機のドライや手洗いなどのやさしいコースで洗いましょう。

3.平干しネットやバスタオルの上で平干し

形崩れを防ぐために、平干しネットを使って陰干しするのが基本。ネットがない場合は、テーブルの上に乾いた大きめのバスタオルを敷き、その上に置いて乾かせばOK。途中で上下を返して、しっかり乾かして。

これで汚れはしっかり落とせて、形崩れを防げます。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】