Oculus創業者P・ラッキー、24歳の誕生日に描いた「VRの夢」

写真拡大

19歳で「Oculus Rift」の原型を発明し、空想の代物であったVRヘッドセットをその後たった5年で商品にしてみせたパーマー・ラッキー。拡大を続けるVR産業のパイオニアとなった24歳は、このテクノロジーにいまどんな夢を見ているのか。

「Oculus創業者P・ラッキー、24歳の誕生日に描いた「VRの夢」」の写真・リンク付きの記事はこちら

2016年9月19日、パーマー・ラッキーは自身が開発したVRヘッドセット、「Oculus Rift」のイギリス発売日を翌日に控えていた。そしてその日は、ラッキーの24歳の誕生日でもあった。

一般的な24歳の誕生日のイメージは、すべて取っ払ってほしい。パーマー・ラッキーはあなたがいままで出会った24歳の若者たちとは、まったく違う人生を送ってきたのだ。

RELATED

想像を絶する24歳

彼は19歳でVRヘッドセットを発明した。誕生日の1カ月前にそのヘッドセットをKickStarterに掲載して、2,400万ドルを調達。20歳になる前に百万長者となった。Oculusでの仕事に専念するため、大学を中退した。そのうち、フェイスブックが企業を20億ドルで買収。21歳のときには、個人資産が7億ドルにもなっていた。

彼はまた、ビーチをバックに浮遊している写真で『TIME』誌の表紙を飾った。インターネットミームにもなったし、詐欺師だと訴えられたこともあった。ビジネスは、数百人のスタッフがオペレーションにかかわるグローバル企業となった。企業秘密であるため、実際の雇用者数をあかせないほどである。そして、彼はまだ24歳だ。想像もつかない。

しかし、ラッキー自身に聞けば、彼はこう言う。「少し変な感じだけど、大きな変化はなかったと思うよ。つい最近までは、いままでやってきたこととほぼ同じことをやっていただけだから」

彼はどのように24歳の誕生日を過ごしたのだろうか?

「働いていたよ」と、ラッキーは言う。「友達とディナーにも行ったけれどね。ぼくは職場にいるのがとても好きなんだ。友達もほとんどみんなそこにいるし」

ラッキーのOculusでの肩書は「創業者」だ。ボスではない。「CEOになりたいと思ったことは一度もないよ。会社を始めてすぐ、CEOの座を引きわたしたんだ。」いまは37歳のブレンダン・イリベが会社を経営している。

靴が大嫌いなラッキーは、裸足かビーチサンダルで歩き回っている。製品版Oculus Riftを最初の予約者に手渡しで届けたとき、彼は冬のアラスカでハワイアンシャツを着て写真に収まった。

業務内容はさまざまだ。彼は、外部のデヴェロッパーがVR向けのマテリアルを作成するのを手伝ったり、ローンチ間近だという「Oculus Touch」といったハードウェアの開発を進めている。「長年暖めてきたプロジェクトなんだ。ローンチするのを楽しみにしてるよ」

ラッキーは、VRの未来についても考えている。しかし、次のステップについては、そこまで考えていない。「より軽く、より安く、解像度をより高く。次のステップはわかりきっているからね」

彼は、顔認識やアイ(目)トラッキング、周囲の環境を直ちにスキャンする技術に胸を躍らせている。「こういう技術は、VRとARをぼくらが毎日使うものへと変えてくれる。VRとARはほぼ同じ技術だけど、利用する場面は違うんだ」

VRを『見る』ものから『触る』ものへと変えようとしている「Oculus Touch」。正確な発売日はまだ未発表だが、もうすぐローンチになると言う。(「VRに『さわる』ためにOculus Riftがやろうとしていること」より)
PHOTOGRAPHS COURTESY OF OCULUS

SF小説とVR

ラッキーは、長い時間をゲームに費やす。しかし、VRの活用について語るとき、彼はゲームよりももっと壮大なことを考えている。

「VRがゲームのためのテクノロジーだという考えが出てきたのは、つい最近のことなんだ。10年、20年、30年と振り返ってみると、SF小説のなかでのVRは、人々がさまざまなことを行えるようにするテクノロジーとして描かれている。例えば、リモートワーキング、教育、医療トレーニングなど。このデジタル異次元では、ほぼすべてのことが可能で、現実世界のルールに縛られることがないんだ」

VRに携わる人と話し始めれば、SF小説が話題にのぼるのは時間の問題だ。そしてOculusは、間違いなくSF小説の影響を受けている。すべての社員が入社と同時に、アーネスト・クラインのVRに関するSF小説と『ゲームウォーズ』を1冊プレゼントされるのだ。よく考えてみると少し変な話である。『ゲームウォーズ』は、モチヴェーションにつながるような話ではなく、むしろディストピア小説だからだ。

ラッキーは、それを問題視はしていない。何人かのSF小説の著者や、クラインとも話をしたという彼は、こういう小説は未来予測として書かれたものではないと考えている。「VRディストピア世界を人々が描くとき、彼らはただ、面白い話を書こうとしているだけなんだ。例えそれが『ゲームウォーズ』でも『スノウ・クラッシュ』でも、『マトリックス』でも。そして面白い話には、争いがつきものなんだよ」

「誰も、VRの良い話は書きたがらない」と、彼は続ける。「VRが世界を変えたり、いまよりちょっといい場所する話なんて、面白くないからね」

望みはただひとつ、VRが存在すること

ラッキーとOculusにとってもすでに戦いは始まっている。特に、HTCとValveだ。競合のViveヘッドセットは、市場でOculusを打ち負かした。ソニーやグーグルも参戦し、噂ではアップルも参戦予定だという。そして、Oculusのオーナーはフェイスブックだ。創業者兼CEOが、「Carthago delenda est(カルタゴ滅ぶべし)」と言いながら、部下を活気づける好戦的な巨大企業である。ラッキーは、待ち受けるVR戦争への準備はできているのだろうか? 「準備ができていないとまずいよね!」と、彼は言う。

「プラットフォーム同士の競争はさけられないよ。でもね…」と。彼は付け加える。「ぼくはよいVRに存在していてほしいんだ。いままでVRでやってみたかったことすべてを試してみたい。最高のVRプラットフォームをつくるのはもちろん重要だよ。でも、結局ぼくの目標は、プラットフォームの争いに勝つことじゃない。VRを素晴らしくすることなんだ」

もしかしたら、ラッキーは仲間がいるのがうれしいのかもしれない。彼は、16歳からVRを開発し続けてきた。そして、かつてはほとんどの人が、彼は狂っていると考えていたと彼は言う。「VRを開発しているのが1社だけだと、その会社の頭がおかしいように思える。いろいろな企業がVRを開発しているのはいいサインだよ。ほかの人も同じことを考えて、VRが重要なものになると思っているってことだからね」

ラッキーは、自分が望むことはただひとつだけで、それはVRが存在していることだと言う。それは彼の本心であるように思える。彼はTwitterで、頻繁に競合製品をリコメンドしているほどだ。新しいパワフルなPlayStationについては、「これはVRに最適だね!」とつぶやいた。それが競合であるソニーのヘッドセット向けにデザインされているにもかかわらずだ。

It was incredible. So glad I got to try this. The feelings of this writer are not unique. https://t.co/snyKScuWXg

- Palmer Luckey (@PalmerLuckey) 2016年9月22日

ラッキーがツイートで絶賛している『Rez Infinite』は、日本人のゲームデザイナーでクリエイターの水口哲也が制作したPlayStaton VR用のソフトだ。

Oculus創業初期には、ラッキーはファンが自分たちでヘッドセットを作成できるよう、Oculus Riftの設計図を売ろうとした。時間が経っても、彼の気持ちは変わっていないようだ。彼はすべての問題が解決され、あらゆる人が自由に自分のしたいことができる、SF小説の夢の世界を目指している。

「VRは、究極のテクノロジーだよ」と、彼は言う。「VRは、最後のコンピューティングプラットフォームになる可能性を秘めている。一般化したときの話だけれど、パーフェクトなVRがあれば、ほかに完璧にすべきものはあまりないと思うんだ」つまり、争いは終わる。なぜならもう征服するものがないからだ。

しかし、テクノロジーの世界では、争いなしでは何も達成できない。楽しみは必要だが、日々のIT問題のなかでの戦略と戦術も重要だ。

パーマー・ラッキーは、25歳の誕生日にもVRの未来を楽しく夢見ていられるだろうか? 「しばらくこのやり方で続けてきたよ。このやり方が好きなんだ」と、彼は言う。最終的には、それがいちばん大切なのことなのかもしれない。

RELATED