DeNA三浦大輔 ラスト登板は7回10失点も最後は渾身の直球で三振

ざっくり言うと

  • DeNAは29日、ヤクルトと対戦し、6−11で敗れた
  • ラスト登板となった三浦大輔は先発し、6回1/3を12安打、10失点で降板
  • 最後は渾身の直球で三振に仕留めると、ナインがマウンドに集まり抱き合った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング