世界最長の大橋である港珠澳大橋(香港地区のランタオ島と広東省珠海市及び澳門地区を結ぶ)が27日、正式に完成した。同大橋は全長22.9キロ。

写真拡大

世界最長の大橋である港珠澳大橋(香港地区のランタオ島と広東省珠海市及び澳門地区を結ぶ)が27日、正式に完成した。橋は全長22.9キロで、まるで巨大な龍が横たわったように見える。また、「中国結び」「イルカ」「帆船」の形をした3種類のタワーがきらきらと輝いており、ランドマークとなっている。新快報が伝えた。

【その他の写真】

建設計画によると、同大橋は2017年に開通する予定だ。珠海市と香港間の移動所要時間は、以前は陸路で3〜4時間、航路で約1時間だったが、車で30分ほどに短縮されるという。

▼ランドマークとなっている三つのタワーデザイン
景観の設計において、港珠澳大橋の3つの通船用斜張橋にはそれぞれ特徴があり、人工物と自然を融合させている。青州航路橋のタワーには簡素な「中国結び」のデザインを採用している。江海通船航路橋の3つのタワーは「イルカ」の形になっている。珠海市の情侶路に最も近い九州航路橋のタワーは帆船のデザインを採用している。これら3種類のタワーのデザインは機能と景観を完璧にマッチさせたもので、きらきらと輝き、港珠澳大橋のランドマークとなっている。

▼M8級の耐震性
珠海市と港珠澳大橋までをつなぐ橋から車で通行でき、橋の上の道路は両方向合わせて6車線となっている。また、現場作業員によると、橋での自動車の速度は時速100キロを想定しているという。同大橋は世界最長の鉄骨構造の橋でもあり、大梁の鋼板は42万トンに達し、北京の国家体育場(愛称:鳥の巣)10個分、フランス・パリのエッフェル塔の60本分の重量に相当する。

こんなにも巨大な橋にはどのような防災機能が備わっているのだろうか?港珠澳大橋管理局のエンジニアチーフの蘇権科さんは、「港珠澳大橋の主要橋工程において190個のベアリング・プラットフォームを海底に埋め込んであり、水の抵抗を最大限抑えている。さらに、同大橋の橋脚の防護力を上げてある」と語った。

そのほかに、蘇権科さんは、「国際的な基準でみると、ヨーロッパの沈埋トンネルのように耐震性はやや低い。我々は理論付けから模型実験までの打ち合わせをしてから、一連の実験を行った。耐震性に関しては、この地でマグニチュード8クラスの地震が発生しても、問題がないレベルだ」と語った。(提供/人民網日本語版・編集YK)