カラフルでかわいいカップケーキが人気。下北沢のコーヒースタンド「オン ザ ウェイ」

写真拡大

東京・下北沢にある「ON THE WAY(オン ザ ウェイ)」は、ニューヨークで出会えるような素敵なコーヒースタンド。風味さわやかなオリジナルブレンドのコーヒーと、かわいらしくて心ときめくカップケーキは相性抜群です。

海外の映画に登場しそうなコーヒースタンド

京王井の頭線・小田急線の下北沢駅から歩いて約5分。ニューヨークの街角にあるカフェのような外観が印象的なコーヒースタンド「オン ザ ウェイ」はあります。
オープンしたのは2015年。道の向かい側に立つ美容室の「Acotto(アコット)」が、サロンの待ち時間になにか楽しいものを提供しようと始めたお店です。店名の「オン ザ ウェイ」には、通勤や生活のシーンでも気軽に立ち寄ってほしい、という思いが込められています。

オーストラリアのコーヒー文化に魅了されたオーナー

独自のコーヒーカルチャーが根付くオーストラリアのカフェで働いたことをきっかけに、バリスタを志したというオーナーの福田さん。帰国後は、都内のカフェでバリスタの腕を磨いてきました。
実家が長崎県にある波佐見焼の窯元ということもあり、福田さんは自身の食器ブランドも運営中。注文カウンターには、そのブランドのコーヒーカップが並びます。

軽快でさわやかな余韻が残る「オリジナルブレンド」

コーヒーは、福田さんが一杯ずつていねいに淹れています。
「ドリップコーヒー」(M470円、L520円)では、人気ロースター「オブスキュラ」で焙煎した豆を数種類そろえます。なかでもおすすめは、ルアンダ産とメキシコ産の豆を独自の比率で配合した「オリジナルブレンド」。口当たりは軽く、ほどよい苦味と酸味が楽しめます。後味もすっきりしているので、飲み終わると体がリフレッシュした気分です。

「ドリップコーヒー」のほかに、ハートの模様がすてきな「カフェラテ」(M470円、L520円)も好評です。ブラジル産の豆から抽出したエスプレッソのコクと、ミルクのやさしい甘さが一体となって口の中に広がります。あとからやってくる、ほんのりとしたフルーティな香りもたまりません。
店頭では、「オリジナルブレンド」のドリップバッグ(216円)も買えます。家でおいしいコーヒーを飲めるのはうれしいですね。

食べてしまうのがもったいないほどかわいいカップケーキ

色鮮やかなバタークリームでデコレーションした「カップケーキ」(350円)も評判です。コーヒーと風味が喧嘩しないように、スポンジ生地の甘さは控えめ。かわいらしい形になるよう、量に気を遣いながらバタークリームを盛りつけています。

スポンジ生地はしっとりしていて軽く、バタークリームとの相性も絶妙。とても愛らしい形なので、おみやげやプレゼントにも喜ばれそうです。

かわいい佇まいに胸が高鳴る「オン ザ ウェイ」。おいしいコーヒーとカップケーキを味わいにぜひ訪れてみましょう。

ことりっぷの最新記事