ライヴァルはSlack 「企業向け」のFacebookが10月スタート

写真拡大

フェイスブックが開発した企業向けソーシャルネットワーク「Facebook at Work」が10月に発表される予定だ。すでに非公式には発表され、一部の企業では使用されている。

「ライヴァルはSlack 「企業向け」のFacebookが10月スタート」の写真・リンク付きの記事はこちら

フェイスブックがFacebookの別ヴァージョンとして企業向けソーシャルネットワーク「Facebook for Work」を開発していることはこれまでにも報道されてきた。このサービスの正式発表が2016年10月に行われることになった。

Facebook for Work」は、コミュニケーションプラットフォームの「Slack」や「Yammer」のライヴァルと言われているが、さらにそこにソーシャルネットワークの機能が組み込まれている。

フェイスブックの狙いは、社内システムを、多くのユーザーに馴染みのあるプラットフォームで置き換えることだ。「これを利用した企業は、イントラネットや電話技術システム、動画会議や配信リストといった社内連携ツールがまったく不要になるか、その必要性を大きく減らすことができます」とフェイスブックは述べている。

プラットフォームの外観はFacebookに似ており、機能も同じものが多い。またウェブ上で利用できるだけでなく、iOSやAndroid向けの「Work Chat」アプリケーションもある。

Facebook for Workは、ユーザー個人のFacebookアカウントとはリンクしない。この企業システム用に別個のアカウントを作成する必要がある。「ニュースフィードを使用すると、最新情報を受信したり、グループに参加して協力したり、メッセージを送信したり、自分に関係のある通知を受け取ることができます」 と、このサービスのウェブページには説明されている。

Facebook at Workが初めて公表されたのは2014年10月だが、当時はフェイスブックが開発している製品が、自社向けなのか企業顧客向けなのか不明だった。とはいえ、フェイスブックは2015年にこのプラットフォームを非公式に公開していた

それ以来、多数の「新し物好き」に利用されてきた。その中で最大のユーザーはRBS(ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)だ。同社では、パイロット・プログラムが成功した後、10万人を超える従業員がFacebook at Workを使用しているという。

RELATED