さいたまの街がアートに染まる♪「さいたまトリエンナーレ2016」が開幕

写真拡大

さいたま市のアートイベント「さいたまトリエンナーレ」が9月24日(土)にスタート、12月11日(日)まで開催されます。浦和、大宮、岩槻の市内3エリアを中心に、美術館や公共施設、公園など、さいたまの街中にさまざまなアートが登場します。

メイン写真:《さいたまビジネスマン》 アイガルス・ビクシェ 2016年

テーマは「未来の発見!」見るだけでなく参加する芸術祭

国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ」は、今年が初めての開催です。テーマは「未来の発見!」。アートの鑑賞はもちろんのこと、共につくり、参加する芸術祭として企画されています。国内外のアーティストの作品展示をはじめ、さまざまなアートプロジェクトやユニークなワークショップが繰り広げられます。

街中に現れるアートスポット

与野本町駅から大宮駅周辺、武蔵浦和駅周辺から中浦和周辺、岩槻駅周辺の3エリアを中心に、ユニークなアートスポットが点在しています。

公式HPにあるアートマップを参考に、アートめぐりの散歩コースを作ってみてくださいね。

*****
斬新で感性豊かなアート作品があふれる芸術祭「さいたまトリエンナーレ」。「未来の発見!」に、ぜひ出かけてみてくださいね。

ことりっぷの最新記事