グーグルの創立記念日は9月27日

写真拡大

グーグルは9月27日、創立18周年記念の「Doodle」を公開した。そこで浮上するのが、同社の創立記念日はいつかという疑問だ。何回か変遷してきた同社の創立記念日について考察する。

「グーグルの創立記念日は9月27日」の写真・リンク付きの記事はこちら

9月27日に「Google」にアクセスした人は、創立18周年を記念した「Doodle」を見ることができた。

青色のアルファベット「G」が膨らますバルーンが文字の形に変わり、「Google」という単語が完成した後、宙に浮かんで消えていく。背景には、色とりどりのバルーンと色テープが描かれている。

このDoodleをクリックすると、グーグルの創立18周年記念日である9月27日を祝してゲーベン・スティンクスがデザインしたことがわかる。

だがグーグルは、創立日について少し混乱しているようだ。

過去のこの日付のDoodleを見ると、創立記念日用のデザインのなかには、中国の祝日「中秋節」用のデザインなどが混じっている。創立記念日のDoodleは11作品しかなく、18年分がちゃんとそろっていないのだ。

さらに、グーグルが9月27日に創立記念日を祝い始めたのは2006年になってからだ。2005年には9月26日に、6周年には9月7日に祝っている。

2013年の15周年記念日に、グーグルのライアン・ガーミックは以下のメッセージを投稿している。「グーグルの創立記念日はいつか? われわれが認識できているのかどうかもわからない。なにしろこれまでに、9月の7日、8日、26日、ごく最近は27日に祝っているのだから」

グーグルが法人組織になったのは1998年9月4日だが、研究プロジェクトはその2年前に始まったのだという。

ろうそくを立てたケーキで祝う日のことで意見が分かれているとしても、最初のDoodleが投稿されたのが1998年8月30日で、グーグルが正式に会社組織になった同年9月4日よりも前であるのはおもしろい事実だ(最初のGoogle Doodleは、創設者であるラリーとサーゲイが、ネバダ砂漠で行われる「バーニングマン・フェスティバル」に参加中であることを伝えようと、会社のロゴで遊んだときに誕生した。「Google」の2つ目の「O」の後ろに棒線で描いた人の形を配置し、このアレンジしたロゴを通じて、創設者たちが「外出中」であることを表したもの)。

いずれにしろグーグルは、創立記念日用Doodleを初めて投稿した9月27日を創立記念日とすることに決めたようだ。そして今年の9月に創立18周年を迎えるのは確かだ。

RELATED