赤ちゃんカンガルーがペットになったら…うらやまけしからんオーストラリア人男性の毎日をご覧ください

写真拡大


オーストラリアを拠点に活動するコメディアン、ジャクソン・オドハーティ(Jackson O’Doherty)さんの相棒は、メスのカンガルーの赤ちゃん、ダミアン(Damien)。

彼らはどこへ行くにもいつでも一緒。オドハーティさんの後をぴょんぴょん跳びはねついていくダミアンの健気な姿が、YouTubeに投稿されておりました。

【ずっとついてくる! かわいすぎか!】

ブランコに乗ったり、草原で追いかけっこをしたり、浜辺で砂遊びをしたり、スーパーに買い物に行ったり。時には道端で連れションもしちゃう。

【ママだと思っているのかな?】

いつもそばを離れることなくオドハーティさんにべったりのダミアンの姿は、まるでお母さんを慕う子供のようでほっこりしちゃう。そしてオドハーティさんのほうも、ダミアンに対して一心に愛情を注いでいるようにみえます。

【再生回数がすごいです】

親子のようでもあり、親友のようでもある。仲むつまじいやり取りをとらえた映像は、オドハーティさんがSNSに投稿しておりまして、インスタグラム動画が再生回数が40万回を超えるほどの大人気! 

またYouTubeの再生回数も16万回超え、フェイスブックのいいね!の数は35万回超えと注目を集めているようで、たくさんの人々から「可愛い」「この子ほしい」「何度も観ちゃう」といったコメントが寄せられておりました。

【いつまでも仲良くね!】

カンガルーがペットになったら、こんな毎日を送ることができるのか! うらやましいぞ! オドハーティさんとダミアンがいつまでも仲良く居られますように。

参照元:Jackson O’Doherty [YouTube, Facebook, Instagram]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る