【パリモーターショー2016】ホンダ、新型「CIVIC ハッチバック」「CIVIC TYPE R」プロトタイプモデルを公開

写真拡大

ホンダは、パリモーターショーにて、販売を2017年初頭に予定している「シビック」シリーズの5ドアモデル新型「CIVIC ハッチバック」、2017年後半に予定している欧州での発売に先駆けて「CIVIC TYPE R」プロトタイプモデルを公開した。
​​​​​

 ダイナミックなスタイリングが特徴のシビック ハッチバックは、欧州向けに1.0L直噴VTEC TURBOエンジンや1.5L直噴VTEC TURBOエンジン搭載車の販売を2017年初頭より開始し、その後1.6L i-DTECディーゼルエンジンがラインアップに加わる。

 同時に発表された4ドアモデル「シビック セダン」は、ホンダターキー・エー・エスで生産し、2017年より欧州向けに販売を開始する予定。空力特性を活かしたスポーティーなデザインに加え、優れた燃費性能の1.5L直噴VTEC TURBOエンジンにより、パワフルで快適なドライビングをもたらす。

【ギャラリー】HONDA CIVIC (20枚)


 「CIVIC TYPE R」プロトタイプモデルは、「シビック」ファミリーとして10代目「シビック」シリーズのセダン、クーペ、ハッチバックとともに開発し、これらのグローバルモデルと共通のプラットフォームを使用した新型車となる。

 現行シビック TYPE Rの特徴的なロー&ワイドなスタイリングをベースに、さらにアグレッシブで精悍さが際立つデザインを実現した。  
シビック TYPE Rは、シビック ハッチバックとともに、Honda of the UK Manufacturing. Ltd.で生産し、今後は欧州での販売のみならず、北米などへの輸出も予定している。

【ギャラリー】CIVIC TYPE R Prototype (8枚)


■ホンダ 公式サイト