【全文】ハリルホジッチ監督、日本代表メンバー発表会見。「恥ずかしがり」と言われた選手は?

写真拡大

10月に行われるワールドカップ予選に向け、26名の日本代表メンバーを発表したヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

会見は日本サッカー協会のYoutube公式チャンネルで生中継されたのだが、今回はその代表メンバー発表会見の全文をお届けしよう。

【関連記事】日本代表メンバー発表、MF永木亮太が初選出(16/9/29)

※できる限り口語のまま掲載

田嶋 幸三(日本サッカー協会会長)

「皆さん、こんにちは。お忙しい中お集まりいただきまして、本当にありがとうございます。

この記者会見は私にとって2回目でございます。前回、『本当に危機感を持って日本サッカー全体で臨む必要がある』と申し上げました。

今、アジアの様々な国が台頭し、今までも簡単な試合は一試合もありませんでした。

このワールドカップ予選、残念ながらUAEには敗れ、タイには勝ったということで、この3戦目、4戦目は非常に重要な戦いになると思っています。

多くの国民の方々の期待、多くのサッカーファンの期待も含めて、我々はそれに応えれるように頑張らなければいけないと思っています。

緊張感を持って、そして選手一人一人、私たちサッカー協会全体が情熱を持って次の2試合に臨みたいと思います。

皆さん、宜しくお願いいたします」

ヴァヒド・ハリルホジッチ(日本代表監督)

「コニチハ。

会長も言ってくれましたけども、10月の2試合を準備しています。

この2試合は難しい試合が待っていると思いますね。イラクもオーストラリアもクオリティは高いと思います。オーストラリアはアジアチャンピオンでもありますし、イラクはアジアカップの準決勝まで行ったチームですね。

イラクは2試合負けてスタートしています。オーストラリアは2試合勝ってスタートしています。

ただイラクはサウジアラビア戦、かなり良い試合をしましたね。そしてオーストラリアはかなりゲームを支配して、経験とともにこの2試合に勝ちました。

まずは一戦目、イラクに勝つトライをしていかなければいけない。

前年度、我々はイラクとプレーしました。もう一度この日本対イラクの試合を見たんですけど、特に前半は素晴らしい試合をしました。同じ展開に臨んでほしいなと思います。

ただですね、前回の試合はフレンドリーマッチ。今回は最終予選の戦いで、全く違う戦いになります。

それから次はオーストラリアの試合が待っているわけです。今シーズン、最も難しい試合になると想像しています。今のところ、アジアで最も強い相手だと認識しています。

そのための準備もしなければいけません。我々は自信を持って、強い決意を持ってやっていく。そして、勝つトライをするということですね。

我々はそれができると信じています。そのための準備をしなければいけません。

そのためのリストをここに用意しています。少し大きくしたリストです。23人のフィールドと。そのフィールドの各ラインに1人ずつ多めにっていう感じで、23人入れています。

なぜこれをしたかと言うとですね、この後皆さんにできる限りの質問をしてもらいたいと思いますけども。この中で批判もあるでしょう。

フランスでも私に対して記事はありました。最終予選で1試合負けて、記事になりました。

記事の内容としては、『選手に笑いを禁止した』というタイトルでした。

そういったことに関しても質問してほしいですね。つまりここで私が全部皆さんに答えますので、私たちのコーチ、関係者には喋らないようにしてほしい。

とにかく私にたくさん質問してください。全て私の責任で選んでますから。私が就任してから、日本のフットボールに恥ずかしいことはしていないと思いますから。

もちろん間違えることもあるでしょう。ただ、私が何をしているかは把握しているつもりです。 躊躇なく、ためらいなく可能な限りの質問をしてください。心の底から正直に全てお答えします。以上です。

ゴールキーパー:

西川 周作(浦和レッズ)
東口 順昭(ガンバ大阪)
川島 永嗣(メス/FRA)

キーパーは3人。ニシ、ヒガは前回も選びました。

川島永嗣も連れていきたいなと思っています。エイジに関してはしっかり説明したいと思います。

エイジはプレーはしてませんけども…彼だけじゃないですね、プレーしていないのは。

我々には海外組がたくさんいて、12人ほど先発で出ていないということですけども、今回のリストは本当に難しかったです。たくさん皆さんに説明したいです。

まずエイジからですけども、メスというチームの二軍でプレーしていますね。それでも悪くないはずなんですけども。

エイジはまずどのような状態か、ということ。そして、エイジにはグループの中で特別な役割を担ってもらわなければいけない。

本当に発言力もありますし、チームに良いスピリットをもたらせるんじゃないかなと思ってます。そしてリーダーの一人でもあります。経験もあります。そして厳しいこの戦いには、彼のグループの中での存在感が必要になってきます。

彼がプレーするかどうかはまた別問題です。本当に経験ある人の中の一人ですので期待しています。特にコミュニケーション、励ますところですね。

この2試合は今までよりもメンタルをかなり出していかなければいけない試合になりますから、そのためにエイジを呼びます。

それから、9人ディフェンスを呼んでいます。

サイドバック:

酒井 宏樹(マルセイユ/FRA)
酒井 高徳(ハンブルガーSV/GER)
長友 佑都(インテル/ITA)
太田 宏介(フィテッセ/NED)

ここでコメントはほとんど必要ないですね。

ヒロキとゴートクが常に向こうで先発を取っているくらいなので。他の人たちはそこまで取っていない。

センターバック:

吉田 麻也(サウサンプトン/ENG)
槙野 智章(浦和レッズ)
森重 真人(FC東京)
丸山 祐市(FC東京)
植田 直通(鹿島アントラーズ)

センターバックも5人いますね。

槙野は怪我の後、リハビリの最中ですけども。なぜ9人呼んだのかですけども、それは後で説明します。

若い選手で植田という選手がいますね。まぁ、彼だけじゃないですけど。これも説明ができます。

中盤にいきましょう。

守備的ミッドフィールダー:

長谷部 誠(フランクフルト/GER)
山口 蛍(セレッソ大阪)
柏木 陽介(浦和レッズ)
永木 亮太(鹿島アントラーズ)

長谷部、山口、柏木とかですね。

新しい選手として永木ですね。長い間追跡してきた選手ですけども。良い存在感を出しているかな、と思います。

例えばオーストラリア戦で必要になるかなと思います。本当にしっかりとボールを奪う人ですね。毎週毎週レポートが来るわけですけども、永木は常に良い選手でした。

少し呼んで、見てみたいなと思います。A代表でどのように働くかということですね。

長谷部、山口、永木あたりがボールを奪う人、コンタクト、デュエルも怖くないという人ですね。ヨースケは後ろから組み立てる存在ですね。

それから前の選手ですね。

攻撃的ミッドフィールダー:

香川 真司(ドルトムント/GER)
清武 弘嗣(セビージャ/ESP)
大島 僚太(川崎フロンターレ)

シンジ、キヨ、オオシマ。大島も若いですけども。

私は常に若い選手を呼びたいので、信頼をして使い続けたいなと思います。能力はかなりあります。

ただですね、まだ恥ずかしがりの面があります。まだまだリスペクトしすぎかな。もっともっと勇気を持ってやってほしいですね。合宿で練習中にもっともっと自分に自信を持ってやってほしいです。

前回の合宿は、2つ単語を喋ってくれました。今回は4単語くらい喋ってほしいですね。それでだいぶ向上したかなと思います。

フォワードにいきましょう。

フォワード:

本田 圭佑(ミラン/ITA)
小林 悠(川崎フロンターレ)
宇佐美 貴史(アウクスブルク/GER)
原口 元気(ヘルタ・ベルリン/GER)
岡崎 慎司(レスター/ENG)
武藤 嘉紀(マインツ/GER)
浅野 拓磨(シュトゥットガルト/GER)

いつも通りの選手ですね。先発で出ていない選手も結構いますよね。ただ、彼らを信頼しています。

本当にいろんな質問ができると思います。

2週間かけてこのリストを考えているんですけども。なぜかと言うと、この2週間前には海外にリストを出さなければいけないというルールもありますので。

残念ながら先発で出ていない選手も何人もいますけども、各選手のクオリティをよく知っています。

もちろん理想は常に先発で出続けてほしい、というのはあります。試合が最も良いトレーニングなので。期待しているのは、先発で出れなかったとしてもしっかり補足トレーニングを積んで、高いレベルのトレーニング、試合についていけるようにしてほしい。

3人のキーパーと23人のフィールドを選んだわけですけども。

前回は合宿直前に2人ほど怪我をしてしまったので入れ替えました。

我々のディフェンダーはすでに3人ほどイエローカードをもらっていますので、その準備もしなければなりません。

あとはタクティックのチョイスをしてですね、ホームとアウェイで使い分けなければいけないですね。特にフィジカル面で。そのために、このように23人ほどフィールドプレーヤーを合宿に呼びたいと思います。

私から説明するよりも、これから皆さんが質問してもらって。このリストに関しても説明しますし。

もちろんこのリストを作るのは簡単ではなかったです。私は私の選択をしたわけで。私の選択が良かったかはこれからですね。

あとは、プレーしていない人を外したら誰が他に代わりにいるのかということも考えなければいけません。

今、日本で行われているフットボールもかなり深いところまで続けてきました(?)。

残念ながら、海外のフットボールと日本のフットボールの差はまだまだ歴然としているわけで。特にフィジカル面でですね。そこも考慮に入れなければいけないということです。

先発で出ていない海外組が15人ほどいて、普通の基準でいけば彼らは呼べないわけですね。

ただ川島、長友、吉田、長谷部、香川、清武、本田、岡崎、宇佐美、武藤をのけてしまうと、誰と交代しますか?かなり難しいですよね。だからこのような選択は私にはできないということです。

ブラジルのワールドカップ以降、何が起きてますか?

例えばドイツ代表。先発だった3、4人を監督は変えましたね。3、4人キー選手を外して、1年半かかって復活しました。空白の時間がドイツにはできてしまいました。そのようなシチュエーションが代表レベルで起こるいうことですね。

より良い選手が必要になってきます。そして、より良くない選手はだんだんのけておかなくてはいけないということですね。

そして、選手のモラル面も考えておかなければいけないですね。気持ちの面。先ほど会長とも話しましたけど、アンビションですね。野心のところをワールドカップにどう向けていくのか。

つまりこの10月はメンタル面がかなり重要になってくると思います。

アリガトウゴザイマス」