29日、台湾独立派の男性を台湾の警官がののしる動画が話題になっている。

写真拡大

2016年9月29日、台湾独立派の男性を台湾の警官がののしる動画が話題になっている。

中国ネットの情報によると、動画を撮影しているのは現地の警官で、白いシャツを着た男性と中国の国旗を持った男女の団体が路上で言い合いをしている。警官は「挑発はやめましょう。お互いの主張を尊重しましょう」と双方をなだめ警官数人で仲裁に入っていた。

白シャツの男性が突然「台湾独立万歳!」と叫んでも警官は「言論の自由があり、誰かをののしっているわけでもない、彼の発言に問題はない」とあくまで冷静に対応する。男性が団体の男女に向かって叫びののしると、警官は引き続きなだめるが、男性の「私の祖父は日本人だ。台湾はもともと日本のものだ」の一言に豹変(ひょうへん)。警官は大声で「そういうことか、彼の祖父は日本人だ!」と叫び、汚い言葉を使ってはいけないと説得していた警官は男性に向かって「日本の犬が!」と何度も怒鳴った。大手メディアの関連報道がないため事実関係は定かではないが、中国のネットでは警官を支持する声が圧倒的に多かった。(翻訳・編集/内山)