犬の感染症とは?

感染症とは、感染性の病原体によって引き起こされるもので、その病原体は犬の周りに多く存在します。病原体は寄生虫、細菌、ウイルスなどが挙げられます。

犬の状態が重篤になる可能性が高い病気は、ワクチンの予防接種が推奨されています。犬の飼い主が馴染みの多い、混合ワクチンで予防できる感染症をみていきましょう。

人と犬の共通感染症

狂犬病

狂犬病ウイルスが原因となり人間を含む全ての哺乳類で感染をする病気です。感染した動物に咬まれることで唾液を介して傷口から感染、ウイルスが脳へ移動することで神経症状を起こし発症すると100%死に至ります。国内での感染における発症は長年にわたりありませんが、飼い犬への予防注射は法律で定められ義務付けられています。

犬レプトスピラ病

レプトスピラという細菌が原因菌となって、犬に腎不全や肝不全をもたらします。保菌者のネズミに汚染された食物などを食べることで感染します。感染しても症状を出さずにそのまま保菌者となる不顕性感染が多い病気です。病態は出血型と黄疸型に分けられます。出血型は高熱、嘔吐、血便などがみられます。末期では尿毒症になることもあります。黄疸型はその名の通り、黄疸や、その他にも高熱、嘔吐、下痢の他、口の粘膜に出血病変がみられることがあります。黄疸型では急死する場合があります。レプトスピラ病も特効薬などはなく、抗生剤治療に加えて、腎臓や肝臓を保護する治療を行います。

犬のブルセラ症

ブルセラカニスという細菌が感染することで起こる病気です。犬の流産後の排せつ物や尿に接触することで感染し、雄雌共に精子の異常や不妊、流産など繁殖障害を起こします。治療には長期的な抗生剤の投与が必要となり、ワクチンがないため衛生的な環境を保つことが予防になります。人では感染しにくく症状もでませんが、流産した犬の排出物の処理には注意が必要です。

犬コロナウイルス感染症

パルボウイルスより重篤化することは少ないですが、子犬では食欲不振、嘔吐や下痢の症状を出します。パルボウイルスと混合感染し、血便が持続し状態悪化が進行すると死亡する可能性もあります。

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)

唾液などの飛沫から感染します。
病状としては、「単独感染」と「混合感染」があります。単独感染は、乾いた咳が主な症状で数日で回復する可能性がありますが、混合感染症の場合は病状が重く、伝染性も高いと言われています。体力が弱い幼犬や老犬は、死に至る可能性があります。対処法は、「ワクチン接種」が大切です。

犬ジステンパー 星野

ジステンパーウイルスによる感染症です。感染犬の排泄物、もしくは咳などの飛沫物から感染します。3〜6カ月齢の子犬で多く感染がみられます。感染後9〜14日までに免疫が不十分で全身性にウイルスの増殖がおこると、発症後死亡することもあります。症状として、元気がない、鼻汁、目やに、咳が出る、嘔吐や下痢になる、などが挙げられます。知覚過敏や発作、麻痺などの神経症状が出ることもあります。診断は動物病院で、ジステンパーウイルスの検査キットで行います。残念ながら治療は症状を緩和させる支持療法のみで、感染が広がらないように抗生剤を投与したり、栄養面でサポートを行ったりします。

犬パルボウイルス感染症

犬パルボウイルス2型による感染症が臨床上、よくみられます。この病気は心筋炎型と、腸炎型に分けられ、心筋炎型は生後3〜9週目の子犬が、腸炎型は離乳後の子犬にみられます。いずれも口からの感染ですが、広くみられるのは腸炎型です。元気や食欲がなくなり、嘔吐や下痢、ひどいと特徴的な臭いの血便を出します。重篤化すると死に至ります。症状や、血液検査での白血球減少、糞便の検査キットなどから診断されます。パルボウイルスは次亜塩素酸ナトリウムや、ホルマリンなどの強い消毒薬でなければ死滅しません。感染犬がいる場合は、隔離の徹底管理が必要です。この病気も抗生剤治療や、脱水改善の為に点滴が必要になります。

犬伝染性肝炎

犬アデノウイルス(1型)による感染症です。ウイルスが口から入ることで感染します。免疫力のない子犬では突然死することもあり、症状として発熱、腹痛、嘔吐(吐血)、下痢(血便)などを認めます。感染症から回復した際には、ブルーアイといって、目の表面(角膜)が特徴的な青色に染まることがあります。この病気も特効薬などはなく、支持療法になります。感染犬との隔離が大切です。

犬伝染性喉頭気管炎(犬アデノウイルス2型感染症)

これも犬伝染性肝炎の原因であるアデノウイルスと同じ属に属しているアデノウイルス2型による感染症です。同じように口から感染しますが症状は呼吸器症状として出てきます。咳が多く見られ、気管支炎を起こします。このウイルスは、子犬で多いケンネルコフという犬の風邪の原因のひとつです。軽度であれば、放っておいてもいずれ治りますが、重篤化すると治療が長引きます。二次感染を予防するために抗生剤治療を主体に行います。動物病院ではネブライジングなどの処置も行われます。感染犬との隔離は必須です。

犬パラインフルエンザ感染症

くしゃみや咳などの飛沫感染から生じます。ペットショップや繁殖場、犬の訓練施設など、犬がたくさん集まる施設で多くみられます。咳や鼻水などの呼吸器症状に加え、発熱なども出ます。このウイルス単独では死亡率は高くないですが、アデノウイルス2型と一緒でケンネルコフの原因のウイルスである為、他のウイルスや細菌と混合感染することで、病態が悪化することもあります。

その他の犬の感染症

感染症の原因になる寄生虫

ウイルス以外にも、感染症の原因には寄生虫が挙げられます。寄生虫疾患では犬に下痢(血便)や嘔吐などをもたらす消化管寄生虫の回虫、鞭虫、鉤虫など、目に見える寄生虫や、ジアルジア、トリコモナスといった、目に見えない原虫などが挙げられます。これらは、動物病院で糞便検査で診断されます。どれも駆除薬が存在しますが、原虫は、健康であれば表に出てきませんが、ストレスなどで免疫が低下した状態では感染を引き起こすといった、日和見感染を起こす場合がありますので完治には時間がかかります。

ダニ・ノミ

皮膚の感染症では外部寄生虫のダニ・ノミなども感染症
ダニやノミは1ヶ月に1回、駆虫薬を与えることで予防できます。

膿皮症

膿皮症は皮膚の細菌感染によ感染症です。
主にシャンプーや消毒で治療・予防しますが、もし治らなければ、抗生剤による治療が必要になります。

マラセチア症

マラセチア症は四肢端や外耳に皮膚病として表れる病気です。
ただし、短期間に集中的に治療すれば、治りは良い病気です。早めに治療する事が大切です。

まとめ

感染症は予防が1番重要です。人の生活環境下で室内飼育されている犬が他の動物や、吐物、排泄物に接触することを避けなければいけません。

感染症はどの年齢の犬でも起こりうりますが、免疫能の低下した子犬や老齢犬、クッシング症候群や糖尿病などの基礎疾患にかかっている犬でもかかりやすいですので、十分に注意しましょう。
公園などは環境中で長期間生存する病原体の一般的な感染源で、パルボウイルスはその典型になります。

ペットを飼っている人は、感染症に対する危険性がないか獣医師による確認ができるまで、経歴不明の新しい動物を飼い犬の近くに来させることは避けなければいけません。
家庭以外の動物に触った場合は自分のペットに触れる前に手を洗うことも必要です。犬を飼っている人はなるべく毎年ワクチン接種を行うことも大切です。

愛犬を感染症から守る為、これらを徹底して下さいね。