写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは9月29日、浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)にクラウドサービス「Fan-Life Platform」を導入したと発表した。

浦和レッズでは、シーズンチケットホルダーやスポーツ施設「レッズランド」の会員向けに、さまざまなサービスを提供してきたが、会員情報の一元管理に課題があったほか、ファン・サポーターの行動データを一元的に蓄積する仕組みがないため、数値に裏付けられた仮説を立て、施策を検討することが困難な状況だったという。

このような状況下において日立ソリューションズは、ファン・サポーターの絆づくりを支援するシステムとして、プロ野球やJリーグなどのスポーツ分野で実績があるクラウドサービスのFan-Life Platformをベースに、シーズンチケットの購入継続年数などに応じたポイントサービスなどを提案し、ベンダーとして選定された。

同システムは、浦和レッズのシーズンチケットホルダー約2万人を中心に有料・無料会員を加えたメンバーシップ「REX CLUB」の基盤システムとして2015年2月から活用。これにより、浦和レッズはファン・サポーター会員のグッズ購入や、試合への来場などの行動を「見える化」している。2016年7月からは、会員がそれぞれの嗜好に合った各種サービスを貯まったポイントを使用し、利用できるポイントプログラムをスタートさせており、満足度の向上を目指している。

今後、浦和レッズと日立ソリューションズはFan-Life Platformとチケット購入システムとの連携や、蓄積したファン・サポーターの行動データを基にした施策の企画を検討していく考えだ。

(岩井 健太)