写真提供:マイナビニュース

写真拡大

転勤が増える秋は、引っ越しが多くなる季節でもあります。仕事の合間を縫っての荷造りや引っ越し準備は大変ですよね。今回は、引っ越しに役立つ東急ハンズの便利アイテムをご紹介。スピーディーに作業を進めるだけでなく、引っ越し後も何かと役に立つものを中心に集めました。

○「コメロン セルフロックコンベックス」

物件探しの段階から、家具の搬入時まで、引っ越しをするときは何かとサイズを測ることが多いですよね。そんな時に便利なのが、メジャーなどの測定機器です。

中でも「コメロン セルフロックコンベックス」(961円)は、東急ハンズで人気のアイテムなのだそう。テープを引き出すだけで止まり、押して引き込み、離せば止まります。オートストップ機能付なので、窓枠や部屋のサイズを測るとき、片手でも操作がしやすいのがうれしいですね。長さ5.5mまで計測できます。

○「超はやっ! 布団一式用圧縮袋 SP-0032枚入」

布団類はかさばるし、荷造りするのもひと苦労。そんな時は「布団圧縮袋」を使うのはいかがでしょうか? 持ち運びしやすくなるほか、布団が密閉されるため、引っ越し中や輸送中のホコリから大切な布団を守るというメリットもあります。雨の日の引っ越しでも安心ですね。

「超はやっ! 布団一式用圧縮袋 SP-003 2枚入」(1,234円)は、素早く空気を抜くスピード吸引タイプ。オートロック式なので、空気の逆戻りもありません。すぐには使わない布団は、そのまま引っ越し先で保管OK。布団だけではなく、衣類などもまとめて入れて圧縮すればとても運びやすいですよ。

○「建築の友 住まいのマニキュア ミニ10色セット」&「ハウスボックス キズなおしま専科New」

引っ越しをしたとき、フローリングや家具にキズをつけてしまったことはありませんか? せっかくの新居にキズがつく事態は避けたいですよね。「建築の友 住まいのマニキュア ミニ10色セット」(2,193円)は、キズをワンタッチで補修ができる便利アイテム。10色セットなので、さまざまな色合いの家具や建具に使えます。

使い方は、キズに合わせてなぞっていくだけ。ペン先は筆ペン仕様なので、細いキズもきれいに補修できます。また、床暖房のフローリングにも使用可能。キズだけではなく、家具や床・柱などの色あせにも使用できるので、1つ持っていると重宝しそうですね。

ペンタイプの補修材では太刀打ちできないほどの深いキズをつけてしまったとしても、諦めないで! そんな時は「ハウスボックス キズなおしま専科New ダーク」(4,526円)を使いましょう。簡単に固まるパテで、へこみやえぐれキズの補修ができる本格キットです。フローリングのほか、家具や建具など木製品全般に使えますよ。

樹脂スティックは混ぜて使えるので、家具の色に合わせて混色が可能。床暖房のフロアにも使用できます。クレヨンタイプの補修材よりも耐久・耐熱性があるので、しっかり補修しておきたい人にオススメ。

○「学研 引越しポストカード E20969」

引っ越しが終わったら、身近な人に引っ越しの報告を。メールやSNSを使っての引っ越し報告も手軽でいいですが、「学研 引越しポストカード E20969」(216円)で、心がこもった手書きのおしらせを作ってみるのはいかがでしょう? 忙しい新生活の合間を縫って書いてくれたのかと思うと、受け取った方もうれしくなりますよね。

今回紹介したアイテムは、引っ越しの時だけではなく、新生活でも活躍するものばかり。引っ越しを機にそろえておけば、何かと役立つ心強いアイテムになるはずですよ。

※価格はすべて税込。店舗によっては取り寄せになります

(フォルサ)