新刊をどうぞよろしくお願いします

写真拡大

 9月30日にダイヤモンド社より『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』という自身初の哲学のエンタメ小説が発売される。ニーチェやキルケゴール、ショーペンハウアーやサルトル、ハイデガーなど「実存主義」の哲学者の教えが学べる哲学の教養小説なので、哲学をなんとなく知りたい方や、哲学にあまり興味のない方にも読みやすい内容になっていると思うのでよろしくお願いします。ちなみに略称、ハッシュタグは「♯ニー哲」。

 さて、リリースの取材を受ける時によく聞かれる質問がある。それは「原田さんは普段、哲学の話をする友達はいるんですか?」というもの。最近になって哲学の入門書を書いている著者仲間の友達が増えてきたのだが、一年前までは、哲学のことを一緒に語る友達は一人しかいなかった。そして、妙な感じだが、私はその唯一の哲学友達の本名も年齢も一切知らない。ネットで知り合ったわけではなく友達の紹介で知り合っているのだが、周りの友達も誰一人として彼の本名も年齢も知らない。

 彼と10年くらいの付き合いになる友達も誰一人として彼の素性を知らない。これを人に話すと「怖すぎだろ!」と言われるが、彼はものすごく頭が良く、真面目な人格者である。本人によると、前科歴があるわけでも身内に犯罪者がいるわけでもなく、とにかく「自分の情報を人に開示することが死ぬほど嫌だから開示したくない!」という頑ななポリシーがあるとのこと。

 しかし、そのポリシーがあるがゆえに折り合いがつかず、抱えている特有の悩みがあるらしい。詳しく聞いてみると「仕事先の人に、自分の素性をどうしても名乗りたくない……」という悩みだった。彼の仕事はプログラマーだ。なので自分で取引先に営業をかけて仕事をとってこなくてはいけないのだが、まず、名刺交換が嫌すぎると言うのだ。

 名刺交換では当然自分の名前や連絡先など、素性が明らかになる。それが彼には耐えられない。そこで彼は考えた。考えに考え抜いた結果……「よ」という謎の一文字だけを刷った名刺を作ったのだ。

◆名刺は「よ」一文字。彼の持っている哲学とは……?

 不気味すぎるが、彼の中での理屈はこうであった。どのみち名刺交換は避けられない。「ならば情報がひたすら無い名刺を作るしかない……!」と。そして普通の白地に「よ」を黒字で印字すると目立ちすぎると思った彼は、黒のスケルトン台紙に黒字で「よ」を印刷し、木を森に隠す作戦で「よ」という文字さえも極力見えないようにしたのだ。これですべての悩みが解消したように思えた彼だったが、その名刺を配っていく中で新たな悩みに直面することになる。

 それは、いくら熱心に営業しても一切仕事がこない……という問題だった。しかし彼は実力が保証されたプログラマーであった。これは「よ」の呪いなのか……はたまた当然のことなのか、一切社会的信用が得られず、仕事がこないといった社会の厳しさを目の当たりにしたのだ。

 このままでは社会に淘汰されてしまう。

 そう考えた彼は別ベクトルで目立たない名刺を考えた。後日「田中裕介」というなんとなく日本人男性に多そうなオーソドックスな偽名を思いつき、「田中裕介」名刺をつくることにしたという。

 「よ」から「田中裕介」への転身は大きな経済効果をもたらした。

 なんと、「田中裕介」にはようやく仕事が舞い込んできたのだ。

 なぜここまで頑なに本名を他人に明かさないのだろうか。そもそも私も彼の本名を知らないので、人に彼を紹介するときは意識的に「田中さん」と呼ぶようにしているので、その度、共犯めいた気分に陥ってしまう。そんな彼に「なんでそこまでして名前を隠すの?」と聞いてみたとき、「俺はエピクロス主義だからさ……」と呟いた。

「つまりどういうこと?」

「隠れて生きよ、が俺の信念だから」

 隠れて生きよ、は哲学者・エピクロスの有名な言葉である。どうやら彼はエピクロスの考えに感銘を受けて日々、身を潜めながら過ごしているらしい。社会性を追求することと、生き様を追求することは相反することがある。彼にとっては社会性より生き様を追求することの方がずっと価値があるのかもしれない。そんな普段考えないような哲学的な問いに触れるきっかけに……9月30日発売『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』をどうぞご贔屓に!

【プロフィール】
1985年 京都府出身。コラムニスト・哲学ナビゲーター。哲学の道の側で育ち高校生時、哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。哲学、漫画、性格類型論(エニアグラム)についての執筆・講演を行う。Twitterは@HaraDA_MariRU
原田まりる オフィシャルサイトhttps://haradamariru.amebaownd.com/
著書に「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」(ダイヤモンド社)「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。