妄想を商品化する新サービス「モーコレ」キャンプファイヤーが始動

写真拡大

 日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」が、「あったらほしい」という妄想を集めて商品化を目指す新サービスを始動した。名前は妄想コレクションを略してモーコレ(MOCOLLE)と命名。初回では巫女服のルームウエア「おうちでゆる巫女!」と、様々な男たちが女子のスカートを目掛けて登っていくデザインの「登りタイツ」のプロジェクトページが開設されている。 CAMPFIREが"妄想"を商品化する新サービス始動の画像を拡大

 「おうちでゆる巫女!」は「CAMPFIRE by モーコレ」とイラストをアップロードするだけで服が製作できるサービスを提供する「STARted」のコラボレーションによるプロジェクト。「巫女さんをお目にかかれる機会が滅多にない。神社に通うと怪しいし、正月までは待てない」と考えたスタッフが「おうちで気軽に着られるルームウエアを作れば、恋人にも着てもらいやすいのでは?」と妄想し、ワンピース仕様で着替えやすさと着心地の良さを実現した巫女服ルームウエアを製作した。モデルを務めたのはコミックマーケットなどで絶大な人気を誇るコスプレイヤーのくろねこ。目標金額は100万円に設定しており、リターンにはルームウエア「ゆる巫女」や「くろねこさんからの年賀状」などを用意している。 「登りタイツ」は、サンタクロース・ジャックと豆の木・山登りの3種類のデザインのタイツで、デザインは渋谷109やPARCOなどのイラスト広告を手掛け海外ギャラリーでも作品展示を行うイラストレーターのeimiが担当。チラリズムを重視し、スカートがめくれると見える部分にまでストーリーを持たせたという。目標金額は45万円に設定している。  ■あなたの"妄想"商品化!「おうちでゆる巫女!」期間:2016年9月29日〜10月31日23:59までリンク■あなたの足に登りタイツ!eimi × CAMPFIREが贈る妄想タイツが誕生!期間:2016年9月29日〜11月18日23:59までリンク