自分で原稿?

写真拡大

きのう28日(2016年9月)の東京都議会で小池百合子東京都知事が所信表明を行った。冒頭から豊洲疑惑によって「都政は信頼を失っている」「責任の所在を明らかにする」と述べ、「巨大な肥満都市」と化した東京の改革を訴えた。

豊洲問題では「誰がいつどこで何を決めたのか。と断じ、「新しい都政に対する期待に大転換するチャンスとしたい。馴れ合いや根回しで事をまるく収めるのではなく、決定過程をつまびらかにする」とした。

 

オリンピックについては「大会旗が全国をめぐるフラッグツアーを展開して、ワクワク感を分かち合いたい。TOKYOが誰もが記憶に残る大会にしたい」と述べた。

39分25秒の演説で繰り返し「改革」20回

森山高至(建築エコノミスト)「選挙中から築地の問題には触れていましたが、その後に出るわ出るわで、抑えてておいたということでしょう」

浅野史郎(元宮城県知事)「職員に対するメッセージでしよね。ガバナンス、職員の意識に旧体制では問題があったという批判です。だけど、それはやがて現体制になる。だからこの段階できちんとしておかなくてはいけないという意思表明なのでしょう」

39分25秒の演説の中で「ワイズ・スペンディング(賢い税金の使い方)」というフレーズを2回、「TOKYO」も2回、「改革」はなんと20回も出てきた。

浅野「普通の所信表明では、冒頭の東京大改革みたいな話はないものです。それが初めてということで、時間を割いているのは珍しいです。ほとんど自分で書いたのではないでしょうか。自分のエピソードも入れるとか、自分でなければ書けない内容が多いですからね。忙しい中をよく書いたと思います。すごい」

自民党はやけっぱち?「100点じゃないですか。はははは」

議場は静かだったという。ヤジも拍手もない。

浅野「当然です。都議会に対する苦言とか中傷、批判がまったくなかった。むしろ都議会との連帯の挨拶、一緒にやっていきましょうと」

小池所信を聞いた議会の反応は、野党は「70点だ」「80点だ」。与党の公明党は「歴代知事の焼き増しが多かった」(東村邦浩幹事長)。自民党は「100点じゃないですか。はははは」(高島直樹幹事長)

 

浅野「はははは、が気になりますね。半分お世辞。本音じゃないですよ。所信表明で拍手がなかったというが、普通は拍手はないですよ。私は1回もなかったですから」

 

きょう29日には「市場問題プロジェクトチーム」の初会合がある。メンバーの森山氏は「これから何をするか。優先順位などを決めると思う」という。「ネットで中継されますからぜひ見てください」

 

司会の羽鳥慎一郎「都庁のホームページから、森山さんの仕事ぶりを見ましょう」(笑)