写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは9月29日、NECが提唱するIoTの5層モデル基づき機能群を整備したIoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」を発表した。

同社は昨年の7月、Device Computing、Edge Computing、Cloud Computingという3つの Computingと、それらをつなぐ 近距離ネットワークおよび広域ネットワークからなるIoTの5層モデルを発表している。

今回発表した「NEC the WISE IoT Platform」は、これらの5層モデルにおいてどのような機能が必要かを、さまざまなIoTプロジェクトを得た知見を基に整備したもの。

「NEC the WISE IoT Platform」では、必要な能群(ソフトウェア、AIエンジン、サービス、APIなど)の共通部分をビルディングブロックして提供する。ユーザーは、これらブロックの中から、目的に応じて必要なものをチョイスして利用する。ビルディングブロックの開発においては、技術検証や迅速な機能拡充に優れるオープンソースを積極的に活用。また、オンプレミスに加え、必要に応じてNECのクラウドやパートナークラウドなど複数のクラウドサービスにもビルディングブロックを配置できる構造だという。

「NEC the WISE IoT Platform」の実際の機能を提供するのはこれからになるが、同社は流通業向けソリューションの店舗管理、セーフティ向けソリューションの行動解析、都市インフラ向けソリューションのインフラ監視等、新たに6種のIoT関連ソリューションの販売を、今年度下期以降に順次、開始する予定。

(丸山篤)