『草間彌生 わが永遠の魂』チラシビジュアル

写真拡大

『草間彌生 わが永遠の魂』展が2017年2月22日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

【もっと画像を見る(12枚)】

1950年代にニューヨークに渡って以降、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、小説、詩など幅広い表現活動を続けている草間彌生。今年で87歳を迎えた。

『草間彌生 わが永遠の魂』展では、2009年から現在も草間が取り組んでいる大型絵画シリーズ『わが永遠の魂』から約130点を日本初公開。さらに未発表作品や水玉をモチーフとした作品、『ネット・ペインティング』『ミラー・ルーム』などの代表作を織り交ぜながら、初期から現在までの草間の創作活動の軌跡を辿る。

また屋外展示場には「水玉ガーデン」が出現。中に入ることができる『南瓜』など、水玉柄の彫刻が展示される。