ビームスと神戸市がコラボ 銘菓・ゴーフルの“専用バッグ”やガイドブックを販売

写真拡大

ビームスと神戸市の協業プロジェクト「BEAMS EYE on KOBE」が、9月30日(金)にスタートします。プロジェクトでは同市の「衣・食・住・遊」に目を向け、「銘菓<神戸風月堂>のゴーフルバッグ」「<ファミリア>のお稽古バッグ」など、地場産業とコラボした商品を展開。ビームスならではの視点で街の魅力を切り取ったガイドブックも販売します。

「ビームスから"ゴーフル専用バッグ" 」の写真・リンク付きの記事

▽ ビームス、神戸市との協業プロジェクト 「BEAMS EYE on KOBE」スタート | BEAMS

▽ FEATURE | BEAMS TEAM JAPAN | ビームスチームジャパン

「BEAMS EYE on KOBE」は、日本をキーワードに幅広いカテゴリーのコンテンツをキュレーションするプロジェクト「BEAMS“TEAM JAPAN”」の一環として実施されます。商品企画ではファッション雑貨からお酒、調味料まで、“確かな物づくり”が息づく地元のアイテムをピックアップしたそう。本来の良さを重んじながら、新たにビームスのアイデアを加えた限定商品を販売します。

「銘菓<神戸風月堂>のゴーフルバッグ」は、神戸風月堂の銘菓「ゴーフル」の缶がすっぽり収まる帆布素材のバッグと、専用の木製ナイフがセットに。手土産としておなじみのゴーフルですが、こんな“専用バッグ”に入れてプレゼントすればいっそう喜ばれそうです。「<ファミリア>のお稽古バッグ」は、神戸を代表する子供服メーカー「ファミリア」のデニム製お稽古バッグを限定デザインにアレンジしたアイテム。他にも「母娘3代で履ける“お散歩靴”」「機能性豊かな<神戸ザック>」など、デザイン性と品質にこだわった商品を用意します。

ガイドブック『BEAMS EYE on KOBE』は、現地のショップスタッフやクリエイターも巻き込みながら、2017年で開港150年を迎える港町・神戸を徹底取材したという1冊。ファッションから食、文化、暮らしまで幅広いカテゴリーの情報を厳選し、収録しています。価格は1,500円(税別)。10月7日(金)の一般発売に先駆け、9月30日(金)からビームス ジャパン(東京都新宿区)とビームス 神戸(神戸市中央区)で先行販売されます。

コラボ商品とガイドブックを販売する特設コーナーは、9月30日(金)から期間限定でビームス ジャパンとビームス 神戸に登場します。ビームス ジャパン地下1階のレストランでは、洋食とともに神戸・灘の日本酒が味わえる特別企画も。実施内容や期間などの詳細は、ビームスのサイトをどうぞ。