しっとり柔らかなヘレ肉に感動!ビーフヘレカツサンド専門店、銀座「新世界グリル梵」

写真拡大

銀座・歌舞伎座のほど近くにある「新世界グリル梵」は、ビーフヘレカツサンドの専門店。
レア焼きの分厚いヘレ肉がサンドされた、特別感のあるカツサンドが食べられます。
場所柄、歌舞伎役者にもファンが多く、楽屋への差し入れとしても定番という極上の「ビーフヘレカツサンド」とは、一体どんなものなのでしょうか。

大阪の老舗洋食店が生んだ“ビーフヘレカツサンド”専門店

東京メトロ東銀座駅から徒歩5分。昭和通りから演舞場通りを曲がってすぐのところに「新世界グリル梵」はあります。
こちらのフードメニューは、「ビーフヘレカツサンド」のみ。本店は、大阪で70年以上の歴史がある洋食屋さんです。大阪では赤身の「ヒレ肉」のことを「ヘレ肉」と呼ぶことから、“ヘレカツサンド”と名付けられているそうですよ。

ずらりと並ぶトースター。パンの焼ける香りにワクワク

お店はカウンター席のみで、目の前にはポップアップトースターがずらりと並んでいます。
カツサンド用に特注したこだわりの食パンを、こちらのトースターでカリッと焼きあげているのです。目の前でこんがり焼きあがっていくパンに、なんだか期待が高まりますね。

夜になると、「ビーフヘレカツサンド」をつまみに、カウンターでワインやお酒も楽しめますよ。

レアでジューシー!ステーキのような分厚いヘレ肉

「ビーフヘレカツサンド」は、「ハーフ」(1050円)か「一人前」(2100円)から選べます。
使用するヘレ肉は、牛1頭からわずかしか取れない希少部位。食パンの耳部分をすりおろした自家製の生パン粉をまぶして、高温の油でレアに揚げています。
脂身や筋を丁寧に下処理しているので、分厚い肉でもすぐに噛み切れるほど柔らかくてジューシー。ハーフサイズでもしっかり食べごたえがあります。

冷めてもしっとり。おいしいテイクアウト

「ビーフヘレカツサンド」は、冷めてもおいしいのが特徴です。時間が経つと、コク深いデミグラスソースがしっとりと具材に染み込んで、お店で食べるできたてとはまた違った味わいが楽しめます。

ちょっとした贅沢が片手で気軽に味わえる「ビーフヘレカツサンド」。事前の予約もできるので、手みやげや差し入れにもぴったりですね。

ことりっぷの最新記事