2人の偉大な画家の関係性に着目 『ゴッホとゴーギャン展』

写真拡大

10月8日(土)より、東京・上野の東京都美術館にて、2人の偉大な画家、フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャンの関係性に焦点を当てた展覧会『ゴッホとゴーギャン展』が開催される。

ゴッホ(1853〜1890)とゴーギャン(1848〜1903)は、ともに19世紀末に活躍した画家。オランダで生まれたゴッホと、南米で幼少期を過ごしたゴーギャンは、まったく異なる生い立ち、性格、画風だったが、1888年、ゴッホの誘いにゴーギャンが応じ、南仏のアルルで共同生活を始めた。そして2人は互いに強く刺激し合うも、共同生活は2か月で破綻。その後も2人は書簡を通じて交流を続けたが、ゴッホはピストル自殺を図り、1890年に亡くなった。

同展は、2人が共同生活を送った時期を中心に、2人の作品の共通点と相違点、関係性や芸術性、影響を受けた画家などに着目。ゴッホとゴーギャンは、共に作品の借用が難しいことで知られているが、会場では、2人がともに最高傑作と認めた2点のアルルの『収穫』をはじめ、国内外から集められたおよそ60点の作品が展示される。

『ゴッホとゴーギャン展』は、2016年10月8日(土)〜12月18日(日)まで、東京都美術館(台東区上野公園8-36 JR「上野駅」徒歩7分)にて開催。開室時間は9:30〜17:30(金曜日、10月22日、11月2日、11月3日、11月5日は20:00まで)。休室日は月曜日(10月10日は開室)、10月11日。入場料は当日一般1600円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです