「陸王」(池井戸潤著、集英社)

写真拡大

■「陸王」(池井戸潤著、集英社)

「今年こそ」と思って応募した東京マラソン2017だが、また外れてしまった。情けないことに、初回(2007年)から11回連続、落ち続けている。今回の応募者は何と32万人超、抽選率は12.2倍だったという。この状況では、チャリティ枠(10万円)に挑戦せぬ限り、生涯、首都のど真ん中を走る機会はないかもしれない。

世はランニングブーム。評者が自宅近くの駒沢公園で走り始めたのは2000年だが、当時、公園内の周回コース(2.1キロ)を走っている人はまばらだった。それが今や週末ともなれば、3メートル間隔で老若男女がひしめている。

スポーツ用品店に出かければ、ランニング専用コーナーが設けられ、色とりどりのウェアやシューズが並んでいる。評者の場合、靴底の摩耗のため、年に2度ほど、ランニングシューズを買い替えるが、毎回、選択に悩む。「完走できれば大満足」というレベルのランナーだから、こだわっても仕方がないのだが、それでも店頭でいろいろ考えてしまう。

本書は、そんなランニングシューズの開発をめぐる物語。著者は、「空飛ぶタイヤ」「ルーズヴェルトゲーム」「下町ロケット」などベストセラー連発の池井戸潤。100年の「のれん」を誇りとする零細の足袋メーカーが、生き残りをかけて、ランニングシューズ『陸王』の開発に打って出るというストーリー。従来作同様に、ものづくりを大切にしてきた中小企業が、大企業の数々の妨害に苦しみながら、それを乗り越えていく姿が描かれる。

出会いがあり、つながりが生まれ、画期的な成果となる

588ページもの大部な小説ながら、不況業種に甘んじてきた足袋メーカー(こはぜ屋)とケガで華やかな表舞台から離脱せざるを得なくなったランナー(茂木裕人)が結びつき、やがて復活を遂げていく展開は感動的だ。ついついページをめくるスピードが加速し、一気に読了してしまった。今度は、ぜひ、テレビで観たいものだ。

足袋をベースに、ランニングシューズを作るという発想は、決して突飛なものではない。本書を読んで初めて知ったが、日本において「マラソンの父」と称される金栗四三(かなぐりしそう)は、足袋を履いて、マラソンの世界記録を出したという。

実際、『こはぜ屋』にはモデルがあった。埼玉県行田市に所在するメーカー「きねや足袋」だ。著者自身が訪れ、ランニング足袋「きねや無敵」を取材していったという。

きねや足袋のホームページでは、自社製品「MUTEKI」について、こう紹介している。

『伝統的な製法で仕上げた足袋そのものに、柔らかくグリップ力の高い薄さ5个療形灰乾爛宗璽襪鮗衙イい破イど佞韻真靴靴ぅ織ぅ廚陵物です』

『限りなく素足感覚に近づけました。MUTEKIを履いて走ると自然とつま先から着地するような感じになる為、人間本来の走り方を取り戻すツールの1つになります』

本書でも紹介されているが、メキシコの辺境に住むタラウマラ族は ワラーナと呼ばれるサンダルのような粗末な履物で1日に数十キロ、ときに数日かけてウルトラマラソンに匹敵する距離を走るという。

つまり、人間本来の走りを考えると、ソール(靴底)の厚いシューズよりもむしろ、薄いものの方が適しているのだ。

しかし、ビジネスはそう単純ではない。足袋にゴムを付けただけでは、耐久性に欠けるし、そもそも競合他社が簡単に参入してしまう。

本書の面白さは、マラソン足袋を世界に通じるランニングシューズへと発展させていく、製品開発のプロセスにある。

「他では真似できないソールが欲しい。特徴的で機能的なソールが・・・」と社長の宮沢紘一が苦闘する中で、思いもよらない技術に出合い、その特許を持つ頑固な技術者を引き入れ、生産を実現する。

加えて、実績ある大手メーカーを離れて、「陸王」に賭けてくれたランナー(茂木)の意見を丁寧に聴きながら、ひとつひとつ改善を繰り返し、完成度を高めていく。

さらに、アッパーと呼ばれる足を覆う部分の素材に、保温性と通気性という相矛盾した性質を実現するために、柔らかく強靱な布を生産するベンチャー企業と手を組む。

それぞれの場面で、出会いがあり、つながりが生まれ、画期的な成果となる。ものづくりの醍醐味だろう。社長の宮崎が語った次の一言が印象的だ。

「ビジネスというのは、ひとりでやるもんじゃないんだな。理解してくれる協力者がいて、技術があって情熱がある。ひとつの製品を作ること自体が、チームでマラソンを走るようなものなんだ」

仕事を誇りとし、迷いながらも前を向いて働き続ける

池井戸作品が、毎度、働く者の感動を呼ぶのには理由がある。

そこに登場する人物は、誰もが自らの仕事を誇りとし、信念を持って働き続けていること。そして、迷いながらも、前を向いて、挑戦し続けていることだ。

本書でも、見事に「熱い」人間たちが数多く登場する。

「我々はシューズを作っているけども、本当の目的はそれを売ることじゃない。それを履く選手を支えることだ。そして、一緒に夢を追いかけることだろう。それを理解している人間とそうじゃない人間とでは、天と地ほどの差が生まれる」
「私たちが提供しているのはシューズだけどシューズじゃない。魂なんだよ。ものづくりをする者としての心意気というか、プライドというかね」
「本当のプライドってのは、看板でも肩書きでもない。自分の仕事に対して抱くもんなんだ。会社が大きくても小さくても、肩書きが立派だろうとそうじゃなかろうと、そんなことは関係ない。どれだけ自分と、自分の仕事に責任と価値を見出せるかさ」

社長の宮沢は、目標を見失い、「就活」に失敗を続ける息子(大地)に向けて、こう語る。

「どんな仕事してたって、中小企業の経営だろうと、大企業のサラリーマンだろうと、何かに賭けなきゃならないときってのは必ずあるもんさ。そうじゃなきゃ、仕事なんかつまらない。そうじゃなきゃ、人生なんておもしろくない」
「だけどな。全力でがんばってる奴が、すべての賭けに負けることはない。いつかは必ず勝つ。お前もいまは苦しいかもしれないが、諦めないことだな」

「経営」とは、終わりのない挑戦――保証のないものを信じる

次々に発生する難題をクリアし、ようやく完成した『陸王』だったが、大手シューズメーカーの妨害のためにアッパー素材の調達が不能となり、加えて、だましだまし使ってきた設備の寿命が尽き、生産継続が不可能になってしまった。

絶対絶命のピンチを迎え、社長の宮沢の心は揺れ動く。ようやく形を成してきた新規事業を諦めるのか、それとも、100年の「のれん」を失うリスクを覚悟して、外資系企業からの買収の申し出を受け入れるのか。

ネタバレ回避のため、その行く末は自らの目で確認いただきたいが、本書の後半では、「経営とは何か」「経営者の覚悟とは何か」が描かれる。

「ノーリスクの事業なんてありませんよ」
「進むべき道を決めたら、あとは最大限の努力をして可能性を信じるしかない。でもね、実はそれが一番苦しいんですよ。保証のないものを信じるってことが」
「経営ってのはさ、いつも先行きが霧に包まれてる。ウチだってそうさ。『陸王』のために、ここまで人や金を注ぎ込んでるけど、それでうまく行くとは限らない。ある意味、賭けだ」
「だから人生の賭けには、それなりの覚悟が必要なんだよ。そして、勝つためには全力を尽くす。愚痴をいわず人のせいにせず、できることはすべてやる。そして、結果は真摯に受け止める」
「(会社を経営するってことは)その全てに責任をとらなきゃならない。いいときも悪いときも、それをまともに受け止めるしかない」
「万事順調に成長する事業なんかないですよ。これを乗り切ったとしても、また同じようにギリギリの決断を迫られるような状況がいつか訪れるでしょう。結局、会社経営なんてその繰り返しなんです。どこまで行っても、いつまで経っても、終わりなんか無い。でも、それは従来の足袋製造をやっていたって同じなんじゃないんですか。同じリスクをおかすのでも可能性があるほうがいい。そう思ったから新規事業をやろうと思ったんじゃないんですか」

こうした厳しさを乗り越えて進んでいくための極意は、マラソンも同じである。

一度挫折したランナー(茂木)は、復活をかけたレースにおいて、壁と呼ばれる30キロを過ぎた付近で、ギアを上げる。

「体力が失われ、自分の限界と向き合わなければならない時間帯が、マラソンには必ず存在する。苦しさの中で、ともすれば折れそうになる気力を奮い立たせながら、それでも腕を振り、足を前に出さなければならない時間が。ここから先は、敢えていうなら――賭けだ」

「信じて、賭ける」。その挑戦なくして勝利はないのだ。

JOJO(厚生労働省)