写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京浜急行電鉄は9月28日、パナソニックが開発を進めているメガホン型多言語翻訳機「メガホンヤク」の実証実験のため、首都圏の鉄道駅で初めて試験導入すると発表した。

これは、災害時などに羽田空港や駅にいる外国人に向けた円滑な案内・誘導を行うため、メガホン型多言語翻訳機の有用性を検証することを目的としており、実証実験の結果を踏まえ、羽田空港国際線ターミナル駅への正式導入を検討するという。

「メガホンヤク」は、外国語が話せない駅員でも通訳なしで外国人をスムーズに誘導できるメガホン型の多言語翻訳機。基本性能としては、日本語で話した言葉を複数の外国語に翻訳し、メガホンとしての拡声を行うが、業務で頻繁に使用する文章をあらかじめ登録しておくことで、高精度な音声翻訳を実現し、ボタンでもすぐに選択できるようになっている。

実証実験は10月1日から7日にかけて、羽田空港国際線ターミナル駅構内で行われ、日本語から英語・中国語・韓国語に翻訳が行われる。