脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響! アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)、重版出来となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。今回は、「リズム運動と算数力の意外な関係」について、著者にこっそり紹介してもらおう。

寝息のリズムを利用する

 足と手を洗う、歯を磨くなどの連続した動きのときには、「1、2、3」「1、2、休み」などのリズムがあると、子どもは早く覚え、熟練します。

 BGMならぬ、お囃子しで、お母さんは、
「早くしなさい!1、2、1、2、マーチですよ、1、2、1、2」
 と手をたたいたりして、リズムをとってみてください。

 歌だけではなく、話も身体の動きも、リズムを上手にとり入れると、行動がスムーズになります。

 リズムがなんとなくわかると、時間の長さを感覚にとり入れることができます。

 子どもを寝かしつけるときに、子どもの呼吸に合わせて、背中や肩、胸などをたたき、そのリズムを寝息よりだんだん遅くしていくと、グズってなかなか寝ない子も、うまく眠ってくれます。

 大泣きしている子は、泣きやもうとしても、なかなか泣きやめられないケースがありますが、とても息苦しそうです。

 お母さんがいくら声をかけても、止まりません。

 その場合は、子どもの呼吸数に合わせて、「ゆっくり息を吐いて」と頬を両手で挟み、吐く息に合わせて押しつけ、今度は「ゆっくり息を吸って」と言いながら、手の速さを変えていきます。

 多くの場合、大きな声を長く出すと次は苦しくなり、短く強く一気に息を吸い込みますが、吸い込む息が強いと興奮状態になってしまいます。

 声がけのコツとしては、「泣かないの」と、やさしく背中などをたたいてリズムをとり、テンポを下げます。
 そして、「吐いて、吸って」と声をかけます。

「いいかげん、泣きやみなさい」
「なぜ泣いたの?」

 と原因を究明したり、たしなめたりせず、わが子の泣くほどの苦しさをとり除くために協力してあげましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)