写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Uberは9月28日、フード・デリバリーサービス「UberEATS」を東京で開始することを発表した。渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布より提供を開始し、料理の注文の受付開始は9月29日午前11時から。

「UberEATS」は、サンフランシスコやパリ、ロンドンなど、世界7カ国33都市で提供されており、東京は8カ国34都市目となる。

「UberEATS」を利用する際は、スマートフォンアプリから、届け先を指定し、提携レストランパートナーが提供する料理を選択して注文すれば、指定住所に料理が届けられる。配達状況や配達予定時間の確認も可能。

料理は、対象エリア内にある、焼肉レストラン「焼肉トラジ」、ドーナツ専門店「クリスピー・クリーム・ドーナツ」など150 以上のレストランから注文できる。

UberEATSを展開している都市であれば、Uberのアカウントを用いて利用できるため、海外旅行中やインバウンド旅行者でも、滞在地周辺の料理を楽しむことができる。また、アプリに登録したクレジットカードで自動的に支払いが完了するので、現金のやり取りが発生しない。

パートナー配達員に登録することで、料理の配達を行い、空き時間を有効に使って収入を得ることができる。登録者は、説明会に参加した後、貸与された料理の品質を保つ専用の保温・保冷バッグを使い、自転車あるいは125cc以下の原付きバイクにより配達する。パートナー配達員向けの専用アプリに、レストランからの配達依頼と配送先の情報が届く。

(辻)