【取材レポート】ピンクリボンについて考える乳がん啓発イベント  庄司智春「男性はパートナーをその場に連れていく気持ちで」

写真拡大

1980年代、「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」という思いから、アメリカで始まったピンクリボン活動。乳がん検診の受診や早期治療の啓発を目的とし、年々賛同する企業や団体も増えて、認知度が高まっている。

昨年はタレントの北斗晶さんが、また最近では小林麻央さんが乳がんであることを公表し、現在闘病中であるという報道とともに、検診の重要性が広く呼びかけられた。

化粧品事業を展開するエイボン・プロダクツ株式会社は、女性の活躍を応援しサポートするCSR活動を数多く行っており、女性にやさしい企業の代表格といえる。その一例として、2002年から「口紅1本でできるボランティア」と称して、寄付金付きの口紅を販売することでピンクリボン活動にも参画している。そして同社は今年、認定NPO法人J.POSHの「J.POSH奨学金まなび」に寄付を行うこととなり、その記念イベントがこのほど開催された。

「J.POSH奨学金まなび」は、母親や保護者が乳がんで死亡、あるいは闘病中で就学が困難となった高校生を対象にした奨学金制度で、設立の2009年以来、のべ280名の学生に支給を行ってきた。

認知度の向上とともに、応募数も徐々に増え、今年度は43名に支給するとともに、熊本の地震のための枠を10名ほど追加で募集中。エイボンは、本基金の趣旨に賛同し、多くの子どもたちが就学できるようにと経済的支援を行うこととなった。

本イベントでは寄付金贈呈の式典のほか、ピンクリボンスペシャルアンバサダーのタレント・山口もえさん、そしてお笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さんを招いてのトークショーも開催された。


「毎年この季節になると、ピンク色にライトアップされた東京タワーやスカイツリー、レインボーブリッジを見て、『今年もまたピンクリボンの時期なんだな』と気づき、乳がん検診に行っています」という山口さんは、昨年、爆笑問題の田中裕二さんと結婚したばかり。
「夫婦二人で先週、人間ドッグに行ってきたところです」と語り、お互いの健康を気遣っている様子がうかがえた。

「ミキティ」こと藤本美貴さんと仲の良い夫婦で知られる庄司さんは、女性が働きやすい企業であるエイボンに対しても、「ミキティが仕事を頑張って帰ってくると、家の中が明るくなって充実した空気になる。働きたくても環境が整っていなくて……ということもあると思うから、女性がイキイキ働ける職場を応援したいです」と共感の意を示していた。

また、「洗い物や洗濯などは積極的にやっている。最初は『手伝ったからほめてほしい』
という気持ちがあったけど、僕が手伝うことでミキティもテンションが上がるし笑顔が見られるから、今は当たり前だと思ってやっています」と家事参加についての持論を述べた。

トークショーの中ではエイボンが取り組むピンクリボン活動や、乳がんについての知識をクイズ形式でレクチャー。


現在、日本人女性の12人に1人が乳がんになると言われており、決して他人ごとではない大きな数字。

また、「男性も乳がんを発症する?」という問いの答えはなんと「YES」。

乳腺は女性のほうが発達しているが、男性にも乳腺はあるので、乳がんを発症する可能性があり、50〜60代の男性に一番よくみられるとのこと。しかもその割合は女性乳がん患者の1%!

これには二人も驚きの様子で、「男性も検査をしなくてはいけないですね」と真剣な表情で語っていた。

乳がんは早期発見が大切と言われているが、検診を受けるために時間を設けるのもひと仕事だし、何より抵抗が……という人も少なくはないはず。そんな女性の戸惑いを察したかのように、庄司さんが最後に心に残るメッセージを発信してくれた。

「ピンクリボンっていうと女性のためのものというイメージがあるけど、男性だって奥さんやパートナーをサポートしていかなくてはいけない立場。女性も『乳がん検診行ったほうがいいかな』と思いつつ、なかなか行けないということがあると思うんだけど、男性も『行ったほうがいいんじゃない?』じゃなくて、その場に自分が連れていく、くらいの気持ちを持っていたい。
僕もアンバサダーとしてこんな場に立たせてもらっているけれど、今日のクイズで知識不足なことも分かったし、パパ芸人の仲間もたくさんいるので、パートナーを支える目的で広めていきたいなと思います」

10月の“ピンクリボン月間”に先駆けて開催されたこの日のイベントでは、エイボンがアクセサリーブランド“Cuvee(キュベ)”とコラボした、くまのピンバッチやトートバッグなどのアイテムも紹介された。これらは製品1個につき10円がピンクリボン活動の寄付となる、誰でも気軽にチャリティーに参加できるアイテム。


このほか、10月は全国5か所でチャリティーイベント「2016 Love AVON!」を開催するなど、乳がん健診の早期受診、早期発見を促す啓発活動を積極的に行っていく予定であるという。

真貝 友香(しんがい ゆか)真貝 友香(しんがい ゆか)
ソフトウェア開発職、携帯向け音楽配信事業にて社内SEを経験した後、マーケティング業務に従事。高校生からOLまで女性をターゲットにしたリサーチをメインに調査・分析業務を行う。現在は夫・2012年12月生まれの娘と都内在住。