タウンユース×アウトドアの新スタイルバッグ登場!

写真拡大

コールマンジャパン(東京都港区)は、タウンユースにもフィットする新しいアウトドアバッグ「CAMP」シリーズを2016年9月末に、「CAPSULER(カプセラー)」シリーズを10月末に発売する。

「CAMP」シリーズ5500円〜1万1800円は、晴れでも雨でも街でもフィールドでも使用できるバッグをコンセプトにした新シリーズ。

旅行やキャンプに最適な「CAMP SHELL 40」、デイリーユースに便利な「同 30」の2サイズと、女性におすすめな小型のデイパック「CAMP PACK 20」、街使いやフェスなど身軽なスタイルにマッチするワンショルダーの「CAMP BODY」の計4モデルをラインアップ。ヘザーブラックとインディゴブルーの2カラーを展開する。

素材は防水PVD加工を施したヘザー生地を使用。ボトムには耐久性と防水性の高いターポリンを配した、タフさとスタイリッシュさを両立した素材を採用した。また、同シリーズのコンセプトを表現したラベルもアクセントになっている。

「CAPSULER」シリーズ1万4000〜1万6000円は、アウトドアのノウハウを取り入れたアーバンユースなバッグパック。

荷物の出し入れが容易なフルオープン構造で、バッグ背面には疲れを軽減するアルミ製のエルゴノミックフレーム、PCスリーブやドリンクホルダー、小物をスマートに収納できるオーガナイザーポケット、さらに、ラインアップした2種類のサイズ(30Lと20L)ではめずらしいレインカバーを内蔵するなど、機能面を充実させた。

素材はダイヤモンドパターンが新鮮なヘザー生地と高級感のあるPUレザーを採用することで、洗練されたスタイルに。定番のブラックと目を惹く新色のグレーをラインアップした。

価格はいずれも税別。