26日、東南アジア諸国連合(ASEAN)市場における中国と韓国の輸出競争が年々激しさを増していることが明らかになった。日本のシェアは減少している。写真は江蘇省の港。

写真拡大

2016年9月26日、環球網によると、韓国産業研究院が25日に発表した統計データから、東南アジア諸国連合(ASEAN)市場における中国と韓国の2カ国の輸出競合度指数(ESI)は2010年には66.2ポイントだったが、14年には70.2ポイントになっており、両国間の輸出競争が年々激しさを増していることが明らかになった。

韓国・聯合ニュースによると、10年から14年、中国のASEAN4カ国(インド、ベトナム、フィリピン、タイ)市場におけるシェアは15.1%から19.8%に増え、増加幅は4.7ポイントで、韓国の増加幅1.2ポイントを上回った。とりわけ情報通信技術の分野では、韓国は4年間でシェアを2.83ポイントしか増やせなかったのに対し、中国は8.64ポイントも増やした。

日本と韓国の輸出競合度指数は66.4ポイントから64.3ポイントに低下した。中国と韓国のASEAN市場における輸出競争が激しくなる一方で、日本のシェアは減少している。韓国産業研究院は、韓国は輸出対象国の多様化を必要としているほか、価格競争力、非価格競争力を高めることで、安定的にASEAN市場におけるシェアを増やしていく必要があると指摘している。(翻訳・編集/岡田)