ガラクタ同然なPC周辺機器の音だけでマイケル・ジャクソンの名曲『Black or White』を再現! 才能の無駄遣いで作った動画がスゴい

写真拡大

現代社会を生きる上で必要不可欠なパソコンと周辺機器。今では当たり前のようにして使われているが、その姿は時代とともに変わってきた。そして世の中が便利になる裏側で、忘れられていく機器も存在する。

そのひとつに「フロッピーディスク」が挙げられるが、海外にまさかの活用法をしている人物がいるのでご紹介したい。なんとPC周辺機器の音だけで、マイケル・ジャクソンの名曲『Black or White』を再現してしまったというのだ!

・ガラクタ同然の機器で演奏

そんなことができるはずがないと思う人も多いだろう。しかし、マジのマジで再現されているのが、動画「The Floppotron: Black or White」である。投稿者の Pawel Zadrozniak さんの手にかかれば、使い道のないガラクタ同然の周辺機器もアラ不思議!

・完全にマイケル

セットされた64個ものフロッピードライブ、8個のハードドライブ、そして2つのスキャナーが動き始めると、見事な『Black or White』が流れるではないか。誰がどう聞いてもマイケル。何ならマイケルの「アゥ!」という声も聞こえてきそうなクオリティーで、驚かされることだろう。

・もはや神々の遊び

才能の無駄遣いと思うかもしれないが、これは神々の遊びと言っても過言ではなく、突き詰めた彼にだからこそできる演奏。ガラクタ同然の機器を使う発想に加え、演奏してしまう技術力には感心させられる。

ちなみに彼は、以前にも『スター・ウォーズのテーマ』を完全再現。つい最近では、武藤敬司の初期テーマ曲『The Final Countdown』やヴァンダレイ・シウバの入場曲『サンドストーム』までも制作している。もちろん、すべてがハイクオリティなので、これを機にその演奏を聴いてみよう!

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る