秋の旅行といえば、紅葉の名所を訪れたい! という人も多いのではないでしょうか。本格的な秋が近づき、気候もだんだん涼しくなってきて、紅葉狩りにもぴったりのシーズンですね。そこで、今回はトリップアドバイザー株式会社が発表した「行ってよかった! 紅葉名所ランキング2016」をご紹介します。

行ってよかった! 紅葉名所ランキング2016

同ランキングは、2013年8月〜2016年7月の3年間に紅葉に関して、旅行サイト・トリップアドバイザーに投稿された日本語の口コミの評価点(5段階)、口コミの投稿数などをもとに独自のアルゴリズムで集計したもので、今年が初めての発表となります。
まずはトップ3をチェックしてみましょう!

1位:禅林寺 永観堂(京都府京都市)

幻想的な紅葉の景色がとにかく素晴らしい紅葉スポット
京都にはたくさんの紅葉の名所がありますが、その中でも「紅葉の永観堂」とも呼ばれている「禅林寺 永観堂」が堂々の1位に。
「秋の京都はどこももみじが美しいですが、個人的にはここが1番だと思います。昼間はもちろんのこと、ライトアップも素晴らしいです」
「特に放生池にかかる極楽橋のあたりは、池に紅葉と極楽橋が映り込んで、ライトアップされると夢のように美しいです」
このように、永観堂の紅葉は非常に幻想的で美しいという口コミが多々寄せられています。

禅林寺 永観堂(京都府京都市)

2位:奥入瀬渓流(青森県十和田市)

森林と水の音とのコントラストが美しい紅葉スポット
2位にランクインしたのは、深い自然林と流れる川がありとても気持ちが癒されると人気の「奥入瀬渓流」。
「紅葉のシーズンに合わせていきました。黒石から酸ケ湯、蔦温泉、十和田湖へと愛車を走らせましたが、いままで見た景色の中で確実に一番といえる景色でした。紅葉というものに感動したことはなかったのですが、ここの紅葉は360度すべてが一面黄色で驚きました」
「川沿いにずーっと美しい景観が続き、マイナスイオンたっぷり! のーんびり散策して心がリフレッシュされること間違いなしです。深呼吸をしながらゆっくり、歩くことをおすすめします。とくに紅葉の季節は本当におすすめです!」
現地では大自然と水の音のコントラストを楽しむために、歩いて景色を楽しんでいる人が多いようです。

奥入瀬渓流(青森県十和田市)

3位:東福寺(京都府京都市)

通天橋からの色とりどりの紅葉と橋の下の渓流とのコントラストが美しい紅葉スポット
3位に選ばれたのは、通天橋からの紅葉が有名の「東福寺」。
「通天橋の周囲では紅葉が始まっていました。橋の下を渓流が流れ、橋から見ると上流側、下流側ともに楓を始めとした木々が色づいていました。マイナスイオンをたっぷり浴びられます。しばらく、橋から離れられないでいました」
「東福寺駅から歩いていける場所ですので、紅葉狩りシーズンは駅から混雑します。ただ、黄色、赤とスケールの大きさ、色合いは素晴らしいです。何度も訪れても時期によって紅葉の色合いが異なるのも魅力的です」
通天橋からの色とりどりの紅葉と橋の眼下に広がる自然とのコントラストが美しい、と絶賛する口コミが多々寄せられています。

東福寺(京都府京都市)

紅葉名所ランキング、トップ20をチェック!

トップ20には、様々な紅葉名所のある京都府から9スポットがランクイン。また、9位には秋から冬にかけてのイルミネーションが美しいことで有名な庭園「なばなの里」(三重県桑名市)が。昨年は、スイスアルプスと大自然をテーマにしたイルミネーションが公開され、LED照明と紅葉のコントラストの美しさを述べた口コミが寄せられました。
東京からは「新宿御苑」がランクイン。「紅葉の時期はポプラが見ごたえありました。新宿という都会のど真ん中にあるとは思えないくらいの静けさと自然がいっぱいのところでした」など、紅葉時も人々が自然を楽しみにふらりと立ち寄れるとのことで人気を集め、17位にランクインしました。20位までのランキングは以下の通りです。

【行ってよかった! 紅葉名所ランキング2016 トップ20】

京都の名所が数多くランクイン。

今年の紅葉狩り、候補地は決まりましたか? 気になるスポットを見つけたら、見頃やお天気、周辺の情報をしっかりをチェックして楽しい旅を♪

【参考】※ トリップアドバイザー株式会社