1位はカレー!9割が利用してる「レトルト食品」知っておくべき安全性と特徴とは

写真拡大

家事や育児、仕事など、主婦の毎日は大忙し。毎日手の込んだ夕食を何時間もかけて作る、などという時間がある人はあまりいないものです。

そんなときに便利なのが、密封パックに入った“レトルト食品”。あなたは、いつ、どんなレトルト食品を利用していますか? 「うち、もしかしてレトルト使いすぎ!?」と心配になる人もいるかもしれません。

そこで今回は、マイボイスコムが全国の男女10,893人を対象に行った「レトルト食品に関するアンケート調査」の結果をご紹介しましょう!

 

■使う頻度は月2〜3回、最も多く使うのはカレー

まず、全体で「レトルト食品を利用して料理をする人」は9割弱。しかし、女性40代以上では、9割と他の年代よりやや高いそうです。残りの1割はレトルトを使わないそうですが、健康志向の人か、たまたま使う習慣がないだけ、という2派に分かれそうです。

使う頻度に関しては、一番多いのが「月2〜3回程度」、次に「月1回程度」、そして「週1回程度」ということです。

利用するレトルト商品の1位はやっぱり「カレー」で75.4%! ランチなど、1人のときに手軽にサッと食べたい場面で活躍してくれそうです。2位は「パスタソース」(43.7%)。これも、お腹が空いてあまり手をかけたくないとき、麺を茹でるだけですぐ食べられます。

3位以降は、「料理の素」「丼もの」「惣菜」「混ぜご飯の素、釜めしの素」が各2割前後。1人暮らしの夕食などでも活躍しそうですよね。

 

■約5割が“食事を作るのが面倒なとき”に利用

では、人々が「レトルト食品を使う理由」はいったい何でしょうか?

1位・・・作るのが面倒なとき(47.1%)

2位・・・ふだんの食事のメニューとして(41.9%)

3位・・・時間がないとき(38.4%)

という結果に。

ちなみに、4位は「昼食」(24.6%)、5位「夕食」(17.2%)、6位は「メニューを考えるのが面倒なとき」(16.9%)で、1位と合わせて「面倒だから使う」という人が6割以上いることが判明しました。

 

■レトルト食品に“保存料・殺菌剤”は一切使用されない

というわけで、世の人々の9割がレトルト食品を使っていることが判明しましたが、お宅ではどんなレトルト食品をどの位の頻度で使っていますか?

残りの1割がレトルト食品を使わない理由は「原材料や添加物が気になる」「おいしくない・味付けが良くない」「身体に悪そうだ」と、やはり健康志向が強く、何が入っているのか気になる人が多いようです。

すでに調理済みの料理が密閉されたパウチに入り、常温で長く保存できることから、「すごい量の保存料が入っているんじゃないかしら」と心配になる人もいるかもしれません。

しかし、レトルト食品は、空気も水も細菌も絶対に入らない容器に密封されており、中身は加熱殺菌を施してあるため、殺菌料・保存料は一切使用されていないそうです!

また空気をできるだけ除いて密封し、真空に近い状態で加熱殺菌してあるので、ビタミン、その他の栄養成分の損失もほとんどないとか。また、完全密封のため腐敗する心配もありません。

というわけで、保存料や殺菌剤などが使われていない点では安心・安全といえます。使う食材の質や調味料、添加物などは商品と価格により差があると思いますので、購入の際にラベルを確認することをお勧めします。

 

以上、レトルト食品に関するアンケート調査と、その安全性についてお伝えしましたが、いかがでしょうか?

すぐ、簡単に食べられるレトルト食品は長持ちするため、地震や台風など自然災害時の便利な非常食となります。缶詰や水などとともに、非常用として常時保管しておくのはいいアイデアですね!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 何だか落ち込む…という人に!秋に食べたい「気分をアゲる」食品5つ

※ ウッ…飲んでた!美味しくても「健康に悪影響を及ぼす」NGドリンク4つ

※ 2位ラーメンよりも人気!自宅で「よく食べる麺類」断トツの1位は…

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

 

【姉妹サイト】

※ 糖分摂りすぎてない!? たくさん食べても安心「果糖少なめ美容フルーツ」3つ

 

【参考】

※ レトルト食品に関するアンケート調査 - マイボイスコム

※ 缶詰、びん詰、レトルト食品Q&A (生産・消費)- 日本缶詰びん詰レトルト食品協会