そろそろ彼と“結婚”の気配! だけど“結婚”には恋愛とは異なる“厳しいリアル”がありますよね。その“リアル”を覚悟しないで“結婚”してしまうと、すぐに嫌になって離婚……なんてことも!? 今回は、知っておかないと離婚まっしぐらな“結婚の厳しいリアル”について、ご紹介します。

恋愛時には無い「シビアな生活」が待ち受けている

結婚生活で待ち受けているのは、二人だけの甘い生活ではありません。

毎月生きていくために必要な支払いを済ませ、毎日食事と家事を行い、子供や老後のことを考え、何かの時のために備えをしておく……そんな、常にシビアな生活が待ち受けています。

結婚前は彼と、「今日のデートどこ行く?」「ホテルの予約した?」「今日はウチ泊まってく?」なんて、その場その場の話題が多かったことと思います。

しかし結婚した時にお互いが向き合う話題は、お金のことや約束事、将来についてといったシビアな面がほとんど。

恋愛中はお互いの“生活”について二人の間に持ち込む必要が無く、月々の家賃や貯蓄のこと、現実的な未来設計についてなんて、たいして話し合いませんよね?

その感覚のまま結婚をしてしまうと、シビアな生活にぶつかった時、酷く困り果ててしまったり、最悪お互いの関係が悪くなったりする可能性大なのです。

結婚を決める前に、少しずつでも良いのでデート中などに「ちょっとリアルに結婚生活をシミュレーションしてみない?」などと言って話し合ってみると良いでしょう。

そうやって前もって起こりそうなこと、相手がどう考えているかを予想しておけば、結婚生活が始まっても落ち着いて対処できますよ。

結婚は「恋愛中に許された嘘」が許されない?

恋愛では、相手の好意をひきつけたり、二人の関係に刺激を与えたりするために、嘘をつく時がしばしばあるものです。自分を飾ってよく見せようと頑張る女性も多いですよね。

しかし、長い結婚生活では小さな嘘でも大きな仇(あだ)となります。

信頼関係を築く上で嘘をつく事は致命傷となり、二人の間に深い溝を作ります。

本当は合コンだったのに「飲み会だった」という嘘や、男友達と遊んでいたけど波風立てたくなくて「女子会だった」なんていう嘘は、バレた時にお互いの関係に大きな傷をつけることに……。

結婚して彼の妻となることを決めたのならば、けっして恋愛中に許された小さな嘘を「大丈夫だろう」なんて思わないようにしましょう。

軽く考えていると、気付けば両家の両親を巻き込む大騒動になってしまうことだってありえますよ。

こうして恋愛と結婚の違いを見ると、結婚生活は辛くて苦しいというイメージを抱いてしまうかもしれません。

確かに苦悩する時もありますが、それを乗り越えてこそ愛する男性と本当の絆を結べるのです。

だからこそ幸せな結婚生活をするためにも、恋愛ノリの延長線で結婚を考えないようにしましょう。

【参考】

研究で発見!すぐにできる「結婚生活が30年以上続く秘訣」3つ - Menjoy!

※ コレ知ってほしい!「結婚と恋愛の違い」がわかるとハッピーに… - Menjoy!