イタリアの芸術家ステファノ・ファラニさんはビーチで拾った石を使って色々な絵画を製作しました(YouTubeスクリーンショット)

写真拡大

 イタリアの芸術家ステファノ・ファラニ(Stefano Furlani)はビーチで拾った石を使って色々な絵画を製作しました。目立たない大小の石は彼の手を通すと生き生きとした動物や日常生活の情景に姿を変えて目の前に現れます。

 ファラニさんはよく息子とビーチで遊び、拾った石でゲームをしました。徐々に集めた彩りのよい石や変わった石を組み合わせて、動物や人物を作り始めました。固い石が風に吹かれて舞うスカートに変わったり、海の中で行き交う可愛いらしい魚たちに変身したりする彼の表情豊かな作品をご紹介しましょう。

 

色、形状、サイズなどを考慮して見つけた石で組み上げたライオン(YouTubeスクリーンショット)

 

(YouTubeスクリーンショット)

 

(YouTubeスクリーンショット)

 

(YouTubeスクリーンショット)

 

(YouTubeスクリーンショット)

 

(YouTubeスクリーンショット)

 

                                                 (翻訳編集・豊山)