26日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「10枚の写真でわかる、ほとんど変態なほどにきっちりしている日本人」と題する記事が掲載された。資料写真。

写真拡大

2016年9月26日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「10枚の写真でわかる、ほとんど変態なほどにきっちりしている日本人」と題する記事が掲載された。

大陸ならではのおおらかさがある中国人とは対象的に、「匠の精神」に代表されるような勤勉で決していいかげんにはしない日本人の性質は、中国でもたびたび取り上げられてきた。記事では、そうした日本人の特徴がわかる写真が10枚掲載されている。

一部を紹介すると、地下鉄駅構内で天井から漏水した際に、その部分にビニールのシートを貼り付け、そこに管を通して地面に置いたバケツに水を通し、天井から水が滴るのを防いでいる様子や、台湾で旅行者を対象に自分の国籍の欄に赤いシールを貼ってもらう調査を行ったところ、他の国のスペースにはシールがランダムに貼られているが、日本のスペースだけはまっすぐ列になってシールが貼られている様子が写っている。

ほかには、「上り」と「下り」に分かれている駅の階段で、下る人が誰もいないにもかかわらず、全員が「上り」側を歩いている様子や、日本のごみの分別方法を外国語で紹介した図、スーパーで売られている豚肉が部位や産地や切り方によって細かく値段が分かれている様子、地下道に寝泊まりしているホームレスがなるべく通行人の邪魔にならないようにダンボールの家を作っている様子などだ。

これらの写真に、中国のネットユーザーからは4000件以上のコメントが寄せられた。代表的なのは「この方面では、敬服せざるを得ない」「だから管理は日本人に学べっていうんだよ」「日本は高度な文明国家だ」「こんな記事出したら愛国者に批判されるよ。事実だけどね」「俺の知り合いにもいるよ。日本から帰ってきたら日本の文句を言わなくなったやつがさ」「近代の日本は黄色人種の世界での地位確立に貢献した。でなければ、白人はもっとアジア人を見下しているだろう」「日本人は中国人より優秀。おっと、本当のことを言っただけだが愛国者にかみつかれる」「恐るべき隣人。嫌いだが尊重しないわけにはいかない」など。

どれも日本人が無意識のうちにやっていることだが、中国人には「きっちりしている」と受け止められるようだ。(翻訳・編集/北田)