生理中に男性にやってほしいこと5つ(photo by deagreez/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】生理中、彼とつい喧嘩しちゃうことってないですか?女性は月経が始まる1週間前から黄体ホルモンの影響で体が浮腫んだりダルくなったりと、不調を来たす人が多く、その時期にイライラすることも多いそうです。一方で、そんな女性の月経にまつわるイライラに対して理解しづらいという男性は多いもの。

【他の記事を見る】“妥協彼氏”が急増中!実はメリットがたくさんあった

中には月経のイライラについて彼に説明し理解を得ている女性も多く存在しています。というわけで、今回は生理中に男性にやってほしいことを集めてみました。

♥家事はやってほしい


月経にまつわる不調はPMS(月経前症候群)やPDD(月経困難症)という名前がつけられているほど、重い場合は長い治療が必要となるくらい生活に支障をきたします。

それゆえに、生理中は生理痛もありなるべく動きたくないというのが本音。

彼の仕事が忙しいのは重々承知でも、せめて生理の1日目と2日目は家事をお願いしましょう。

♥なるべく寛大でいてほしい


日頃から優しい彼の場合は例外ですが、彼女に対して厳しい男性に対しては、このときばかりは寛大でいてほしいですよね。

生理が終われば、またいつも通り厳しい彼の言葉の通り切磋琢磨するつもりで、痛みと辛さが強い1週間だけは許してもらいましょう。

♥温めてほしい


女性は男性よりも筋肉量が少ないため冷え性になりやすいです。

しかも、柔らいラインをつくる脂肪は冷えを携えやすく、とくに生理の1週間は冷えやすいそうです。

そんな体が冷えてしまう生理中は、なるべく彼に抱きしめてもらって温めてもらいましょう。

♥エッチはちょっと我慢してほしい


生理中にエッチを楽しむカップルも多くいますが、痛みは辛さがある場合はやめておいたほうが吉。

なぜなら、辛さの中エッチしてしまうと、その不快さが体にインプットされてしまい生理でないときもエッチを楽しめなくなってしまうそうです。

終わったらたくさんしようね、と約束して、この期間はちょっと我慢してもらいましょう。

♥デートはおうちがいい


大好きな彼と様々な場所でデートしたい気持ちはあるものの、生理中は楽しいものも楽しくなくなるほど体が苦痛で疲れ切っています。

そういうときは無理して外に出ていかず、おうちデートを彼にお願いしましょうね。

いかがでしたか?

生理の辛さは幸いながら男性が一生味わうことのないものです。

しかし、一度でも味わう機会があれば、きっとその苦痛に驚くほどだと言われていますよね。

生理中はなるべくゆったりしたいことを彼に伝えて、きちんとコミュニケーションをとれるといいですね。(modelpress編集部)