果物たっぷりの名古屋モーニング♪ 50種以上のフレッシュジュースが選べるフルーツショップ「八百文」

写真拡大

名古屋の老舗フルーツショップ「トップフルーツ八百文(やおぶん)」の、フルーツいっぱいのモーニングが密かに話題を呼んでいます。フレッシュジュースを注文すると、トーストとゆで卵、彩り豊かな季節のフルーツの盛り合わせがついてくる、贅沢なモーニングなのです。

甘く濃密な香りが漂う、レトロなフルーツショップ

「トップフルーツ八百文」は、地下鉄桜通線桜山駅から徒歩10分ほど。名古屋市立大学のすぐそばにあります。

フルーツの入った箱が所狭しと並べられた店内は、まるで市場のよう。新鮮なフルーツの香りに包まれます。

もぎたてフルーツを丸かじりしているみたいな贅沢ジュース

カフェスペースでいただけるのは50種類以上もの品揃えのフレッシュジュース。旬のフルーツをそのまま搾ったジュースは、砂糖も水も一切使わない、果物丸かじりの味。

オープンから10:30までは、このフレッシュジュースにトーストとゆで卵、フルーツの盛り合わせがついてきます。トーストに塗られているジャムは、ラズベリーがごろりと入った自家製のもの。

フルーツの香り弾けるフレンチトースト

フルーツメニューはジュースとモーニングだけではありません。日替わりのフレッシュジュースがついた厚切りのフレンチトーストは、これまたフルーツがどっさり。

みずみずしいフルーツとふんわり焼きたてのフレンチトーストを一緒にほおばると、甘い幸せが訪れます。

本日の日替わりジュースは、濃いメロンの香りが鼻からふんわり抜ける「メロンジュース」(680円)。太陽の恵みそのままの味に感激もひとしおです。

「実を言うと、モーニングは採算度外視なの」と、オーナーの鈴木和子さん。食育に携わる活動をしている鈴木さん、若い人が朝からフルーツを食べるきっかけになればと、このモーニングサービスを始めたのだそう。

親戚の家に遊びにきたような小さなカフェスペースには、明るい笑顔の鈴木さんに会いに、ひっきりなしにお客さんが訪れます。

心安らぐ「トップフルーツ八百文」で、新鮮なフルーツで始まる朝を迎えてみませんか。

ことりっぷの最新記事