日本でここだけ♪ 絵本の世界に浸れる「ミッフィーカフェかまいし」

写真拡大

岩手県釜石市の中心部にある「ミッフィーカフェかまいし」。ミッフィーのお話を表現したスイーツや、作者の故郷オランダの家庭料理が味わえます。国内唯一の常設ミッフィーカフェは釜石のみで、かわいらしさに思わずほほえんでしまうような、ここでしか手に入らないグッズも揃いますよ。

震災復興を願って建てられたカフェ

JR釜石駅から歩いて15分。遠くからでも目に留まる、赤・青・黄色のカラフルなガラス張りの建物が「ミッフィーカフェかまいし」のある「釜石情報交流センター」です。日本では“うさこちゃん”の絵本でもおなじみ、オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが描くうさぎの絵本の主人公“ミッフィー”をテーマにした釜石オリジナルのカフェです。

東日本大震災で大きな被害にあった釜石。「ミッフィーカフェかまいし」は、その再建への手助けにオランダ王国大使館の協力のもと、2015年12月23日にオープンしました。期間限定カフェはあるものの、常にミッフィーの世界に浸れて、しかも釜石オリジナルのカフェはここだけということもあり、全国からファンが訪れています。

絵本のワンシーンのミッフィーがスイーツに

少しずついろいろなスイーツを味わいたい人におすすめなのが「ミッフィースイーツ盛り合わせ」です。3つのミニスイーツがひとつのプレートにまとまっています。小さなフルーツタルトの上にちょこんと座っているミッフィーは、絵本にも登場する“夢の中で雲の舟に乗っているミッフィー”をイメージしています。ミックスソフトは、ミッフィーの大好物のにんじんとバニラのミックスで、至るところにミッフィーの世界観が散りばめられています。

オレンジ風味のジュレとバナナ、濃厚なチョコレートブラウニーなどが層になっている「チョコレートパフェ」のミッフィーは、生クリームの柱の陰からこちらをちらりと見ています。これは作者がお気に入りの表現“のぞいているミッフィー”です。ホワイトチョコレートで作られている、ミッフィーがかわいくて、食べるのがもったいなくなります。

伝統的なオランダ家庭料理も食べられます

作者の生まれ故郷、オランダの家庭料理が楽しめるのが「ミッフィーオランダプレート」です。オランダのミートボール「ヘハクスバレン」は、ふっくらジューシーなお肉料理。その下にあるマッシュポテトのような料理も「スタンポット」というオランダ家庭料理のひとつです。

ミッフィーのレアグッズをおみやげに

カフェの隣には、ここでしか買えないミッフィーグッズのコーナーも。“ラグビーのまち・釜石”ならではのラグビーボールを持ったミッフィーのぬいぐるみもあります。

子どもだけではなく、大人の女性もワクワクする「ミッフィーカフェかまいし」。ほかにもかわいいメニューやグッズが多くあるので、いろいろな表情のミッフィーに会いに来てくださいね。

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2016 www.miffy.com

ことりっぷの最新記事