1日5分でOK!ストレスや不眠を手放せる「瞑想」の簡単な始め方

写真拡大

Microsoftの創始者ビル・ゲイツや、Appleでお馴染みスティーブ・ジョブズ、映画監督として有名なクリント・イーストウッド監督や野球界のスターであるイチローなど、各界の著名人が実践してきた、“瞑想”。

最近ではすっかりおなじみとなり、“瞑想”に関する本も多数出版されるようになってきました。“瞑想”はもともと世界のあらゆる宗教と関係することから、堅苦しいイメージをお持ちの方もいらっしゃったかもしれませんが、その効果はただ“無になれる”以外にさまざまなものがあるのです。

各界の著名人を魅了し続ける“瞑想”。彼らを支え続けてきた瞑想の効果とその方法、気になりませんか?

そこで今回は、海外サイト『buffersocial』や『Lifehack』を参考に、働き女子もぜひ実践すべき瞑想の、想像以上にすごい効果3つと、その簡単なやり方についてご紹介したいと思います。

■1:ストレスの軽減

日々社会で働いていれば、誰もが経験するストレス。社内のドロドロした人間関係や、仕事のプレッシャー、または嫌なお客さんへの対応などを通して、ストレスは日々溜まってしまいます。

美味しいものを食べたり、友人と楽しくおしゃべりしたりすればある程度ストレスは軽減されるものかと思いますが、毎回そのようにうまくいくとは限らないですよね。

とくにひとり暮らしをしている方は、会社で溜まったストレスをそのまま家へと持ち帰って、なかなか眠れない日々を過ごされている方もいらっしゃるかもしれません。

瞑想の効果の一つとして知られているのが、“ストレスの軽減”。海外サイト『buffersocial』が紹介しているある実験によると、瞑想を8週間にわたって行った被験者は、そうでない被験者に比べてストレス度合いが低くなるという結果になり、体と心に溜め込んでしまったストレスを、瞑想を通して軽減できるということがわかったのだそう。

“ストレスの発散”というと、代表的なものに“スポーツ”が挙げられますが、スポーツをするうえでは気力や体力、そして時間までもが必要になってきますよね。

しかし瞑想はただひとりで静かに実行することが可能。ひとりでできるストレス解放法として、瞑想はとても有効な方法です。

仕事や家庭でのストレスを溜め込まないように、毎日のちょっとした時間に瞑想を取り入れてみると良さそうです。

■2:不安を軽減してくれる

夜寝る時、頭の中をいろんな不安がよぎることはありませんか?

「私は結婚できずこのままずっとひとりなのかもしれない……」「老後はちゃんと暮らしていけるだろうか……」「両親はいつまで元気でいてくれるだろう……」不安なことが次々と浮かんでは、ぐっすりと眠れない日もあるかと思います。

部屋を暗くし、周りが静かになった時、何が起こるかわからない将来に対して漠然と不安を抱いては、胸が苦しくなることだって時にありますよね。

ストレス同様に、日々社会で生活をしていれば“漠然とした不安”は切っても切れないもの。しかしそんな私たちを悩ます漠然とした不安も、瞑想を通して軽減させることができるのです。

海外サイト『buffersocial』によると、瞑想をすることで脳に不安や恐怖などを伝える“神経経路”の働きが鈍くなる一方、日々起こる物事に対して理性的に反応することができるのだとか。

これは瞑想をやればやるだけ効果が現れるのだといいます。

日々起こる出来事に対して理性的に対応することができれば、心への負担もだいぶ軽減されますよね。

■3:人に対して優しくなれる

海外サイト『buffersocial』によると、瞑想を日々行っている人は、人に対してより優しくなれるのだといいます。

同サイトが紹介しているある実験によると、瞑想を行っている人に苦しそうな人の声を聞かせたところ、瞑想を行っていない人よりも、“思いやりの感情”を司る扁桃体と呼ばれる脳の活動が活発になったのだとか。

瞑想をすることで人により共感し、感情移入し、優しさを示すことができるのだといいます。

瞑想によりストレスや不安が軽減されるだけでなく、人に対してより優しくなれたらそれ以上のことはないですよね。

職場の同僚に、家族に、恋人に、友人に、そして見知らぬ相手に対してもより優しく接することができたら、毎日をより気持ち良く過ごせるかと思います。

■4:働き女子でも毎日実践できる、瞑想のその簡単なやり方

さて、これまで瞑想の効果についていろいろと説明しましたが、瞑想に対して少し興味を持っていただけたのではないでしょうか?

“瞑想”と聞くとどうしてもあの難しそうな“蓮のポーズ”が頭に浮かんだりして、少し面倒なものと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、じつはそこまで難しく考える必要はなく、働き女子でも1日5分もあればできる簡単な方法もあるのです。

海外サイト『Lifehack』を参考に、以下に1日5分でできる簡単な瞑想法についてご紹介します。

まずはタイマーをセットする (5分でも30分でも、自分の好きな時間で大丈夫です)椅子に腰掛ける、床に座る、または横になる (椅子や床に座る場合は、背筋をしっかり伸ばしてください)肩や腕の力を抜き、リラックスする目を閉じる、または目を開けた状態で瞑想をする場合はある一点のみを見つめるタイマーをスタートさせ、自分の呼吸に集中する様々な考えや雑念が頭の中に浮かんだら、また呼吸に集中するよう心がける

以上、働き女子も実践すべき瞑想の効果と、その簡単なやり方についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ストレスや不安を軽減させてくれるだけでなく、それをすることで人にもっと優しくなることができる瞑想。30分も1時間も難しいポーズで瞑想をする必要はなく、1日5分もあれば自分の好きなタイミングで行うことができるのです。

ストレス社会で生きていると、ストレスや漠然とした不安などから完全に逃れることはできないですよね。しかし1日5分簡単な瞑想を行うことで、そんな心に負担となるストレスや将来への不安などを軽減させることができます。

夜寝る前にテレビを消して、明かりを少し落として、リラックスした状態で瞑想を行ってみてください。たった5分の瞑想ですが、それを毎日続けることで、だんだんと効果が現れてくるはずです。