写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コンビニエンスストアや書店、ホビーショップなどを中心に展開している"ハズレなしのキャラクターくじ"「一番くじ」より、「一番くじ 魔法少女まどか☆マギカ〜Magiccraft III〜」が10月8日からホビーショップ、一部コンビニエンスストア、書店、アミューズメント施設などで発売される(取り扱いのない店舗/発売時期の異なる店舗あり)。価格は1回620円(税込)。

『魔法少女まどか☆マギカ』は、『さよなら絶望先生』シリーズなどを手がけてきた新房昭之総監督、『PSYCHO-PASS』シリーズを手がけた脚本の虚淵玄氏、4コマ漫画『ひだまりスケッチ』(芳文社)作者でキャラクター原案の蒼樹うめ氏、アニメーション制作スタジオ・シャフトの4組からなるMagica Quartetによるアニメ作品。2011年にTVアニメとしてスタートして以降、過酷な魔法少女たちの生きざまが話題となり、これまで3度映画化されてきた。

今回の一番くじは、『魔法少女まどか☆マギカ』を題材としたアイテムA賞からJ賞の全10等級22種+ラストワン賞をラインナップ。魔女とその世界観にフォーカスしたバンプレストの商品シリーズ「Magiccraft」の第3弾となり、"魔法少女たちのティーパーティー"をテーマにした一番くじ限定の描きおろしアイテムを多数そろえている。

A賞には着脱可能な「お菓子の魔女ver. 着ぐるみキュゥべえ」(全1種)、B賞にはキュゥべえとアルティメットまどかをモチーフにした「鹿目まどか ポートレート」(全1種)、C賞には"くるみ割りの魔女"がモチーフの「暁美ほむら ポートレート」(全1種)、D賞にはお菓子の魔女とベベがモチーフの「巴マミ&百江なぎさ ポートレート」(全1種)、E賞には人魚の魔女と"ヒゲ"がモチーフの「美樹さやか ポートレート」(全1種)、F賞にはE賞と同様のモチーフの「佐倉杏子 ポートレート」(全1種)を用意。いずれも、部屋着姿でティーパーティーを楽しむ魔法少女たちを描きおろしたオリジナルデザインとなっている。

G賞には「ティーカップ&ソーサー」(全2種)、H賞には「ハンカチ」(全3種)を用意している。

I賞には紅茶と描きおろしイラストを使用したポストカードがセットとなった「紅茶&ポストカード」(全5種)、J賞には「ラバーストラップ」(全6種)が登場する。

さらに、店頭で最後のくじ券を引くとその場でもらえるラストワン賞には、着脱可能な「べべver. 着ぐるみキュゥべえ」。なお、くじの半券を使って応募できるダブルチャンスキャンペーンも同時に展開され、A賞とラストワン賞のセットが合計50セット当たる。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion