見た目と中身にギャップがある人は珍しくない。ときにそれは「ギャップ萌え」として周囲の人に魅力に映ったり、逆に期待を裏切ってガッカリさせてしまったりすることもあるだろう。

 そんななかTwitterでは、見た目と中身にギャップのある不思議な野菜が話題となっている。

 カレーを作るため、ニンジンを切ったという投稿者。すると、中から現れたのは…白いゴボウのような謎の物体。その不思議な状態にかなり驚いている。

 Twitterユーザーからは、少しグロテスクなニンジンに、「怪物ニンジン」だと不気味がる声が上がっている。

 白いゴボウの正体は「とう立ち」といわれる現象で、成長しすぎて硬くなってしまったニンジンの芯。通常は出荷されないが、今回は珍しく見逃されてしまったようだ。

 なんとも不思議で少しグロテスクなビジュアルの「とう立ち」ニンジン。もしキッチンで見かけても恐れる必要はないが、食べられないのでご注意を。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら