著者撮影

シンガポールは主に中華系、インド系、マレー系などが集まる多民族国家で、狭い国土の中に様々な文化が凝縮されています。街を歩いていても装いの違いを感じられると思います。今回は、ムスリム(イスラム教徒)女性の民族衣装アバヤについてご紹介いたします。

 
IMG_4865著者撮影

日本ではなかなか触れる機会が少なく、最初は足を踏み入れにくい世界かもしれません。他国では厳格な決まりがあるようですが、シンガポールのムスリム女性は比較的オシャレを楽しんでいます。実際、地元の小学校のムスリムの先生もオシャレに敏感で、ファッション、メイク、ネイルなどにも興味がある女性が多いです。

 
イスラム教徒の方々がたくさん集まる場所は、やはりEAST WEST LINEのBugis駅。駅前は若者で賑わいますが、徒歩5分圏内にあるアラブストリートは一転、エキゾチックな雰囲気が漂う界隈。というのも、マレー系やアラブ系を始めとするムスリムの方々がサルタンモスクに通う神聖な場所になっているからです。

IMG_5267著者撮影

 
この界隈には、アバヤを取り扱うお店はいくつかありますが、今回はアラブストリート沿いに計3店舗有している「ALIBABA」にお伺いしました。3店舗中1店舗「ALIBABA APPARELS(Arab st.123)」はアバヤ専門店、残りの2店舗(ALIBABA TEXTILES : Arab st.115 と ALIBABA FABRICS : Arab st.61)はオーダーメイドを始め、生地販売や仕立てをしています。

 

ムスリム系女性の民族衣装アバヤとは?


IMG_4807著者撮影

アバヤとは、全身を覆い隠すワイドロングワンピースのようなもの。足はくるぶしまで、袖は指先まで隠れるくらいの長さがあり、体のラインがわかりにくい形になっています。アバヤは黒が基本ですが、カラフルなものも実際は多く、ファッション性が高いです。商品は全てのアイテムがDubai製とのこと。

 
店内にはこんなに華やかなアバヤまで。色彩豊かでビーズやスパンコール、刺繍などがぐっと人目を惹きます。ちなみにこれもアバヤと言うらしいです。

IMG_4866著者撮影

 
金額は素材や柄などにより幅があり、60前後〜400ドル近くまで。右のターコイズ色のアバヤは400ドル。

IMG_4875著者撮影

IMG_4874

素敵な色味でビーズなどが施されとても煌びやか。こちらのお品は一点ものとのこと。

 
メインのお客様はもちろんムスリム女性ですが、ムスリム以外で購入する方の多くが、ディナーでの羽織り目的やパーティーで着用するためとのことでした。また、観光客、在星者に限らず、ベリーダンスをしている方が衣装の上から羽織るために買うんだとか。

日本のベリーダンスのダンサーの方にはアバヤという名前ではなく、一般的にガラベーヤという名前で浸透しているようですが、シンガポールで購入される際はアバヤと伝えたほうが見つけやすいかと思います。実際、お店の方にガラベーヤを尋ねても、「これはガラベーヤではなくアバヤです」と訂正されました。またお店の方によって、説明が多少食い違うことも。こういうこともシンガポールではよくありますね。

 

カラフルで華やかな生地・仕立て専門店


オーダーメイドや生地販売、仕立てをしている店舗では、ずらっとたくさんの生地に目を奪われます。

IMG_4892著者撮影

IMG_4879著者撮影

IMG_4888著者撮影

 
気に入った生地をまず選び、オリジナルの品は約2〜3週間で完成。日本人観光客は日程的な理由もあり、ほとんどが生地だけを購入していくそうです。

IMG_4878著者撮影

IMG_4880著者撮影

IMG_4896著者撮影

金額はやはりピンキリ。まずは予算を伝えて選ぶといいでしょう。ブライダル用だと平均1000ドルは超えるそうです。記念に残したい大事なシーンで使える、自分だけのオリジナルの一着を持っておくのもいいですね。

 
こちらも合わせてCheck!
シンガポールのアラブストリートでエキゾチックなお土産を探そう