LAのインテリアショップ「ローソン・フェニング」が初上陸 CPCMで販売

写真拡大

 ロサンゼルス発のインテリアショップ「ローソン・フェニング(Lawson Fenning)」が、日本に初上陸する。熊谷隆志がディレクターを務めるクラフト&カルチャーショップ「シー・ピー・シー・エム(CPCM)」で取り扱い、10月14日からポップアップスペースが展開される。 「ローソン・フェニング」が初上陸の画像を拡大

 「ローソン・フェニング」は、グレン・ローソン(Glenn Lawson)とグラント・フェニング(Grant Fenning)が当時美大生だった1997年頃に設立。ミッドセンチュリーや北欧デザインにヴィンテージの要素をミックスした独特のスタイルで人気を博している。現在はロサンゼルスにあるショールームを運営し、ローソン・フェニング以外の厳選したアイテムをそろえたコンセプトストアを展開。高品質でありながらリーズナブルな価格帯で、世界中のデザイナーや建築家たちが必ず訪れるスポットとして知られている。 今回のポップアップは、ロサンゼルスを拠点に活動するフォトグラファーYoshihiro Makinoと熊谷隆志が共同でプロデュース。ローソン・フェニングのアイテムをはじめ、デコラティブな照明のセラミックデザインスタジオ「アントレー・メイド(ENTLER MADE)」や、アールヌーボーの曲線美にインスパイアされた照明などで知られるデザイナー ジェイソン・コアリク(JASON KOHARIK)、ミニマリズムを追求しながら古代文明やオーガニック要素を取り入れたセラミックのフラワーベースや彫刻を手がけるヘザー・ローゼンマン(Heather Rosenman)など、ローソン・フェニングの審美眼でセレクトされたアップカミングなブランドやデザイナーのアイテムがそろう予定だ。■Lawson Fenning ポップアップイベント会期:2016年10月14日(金)〜 ※期間未定場所:CPCM(東京都渋谷区神宮前6-12-22 1&2F)